【2022最新版】AmazonのSEO対策!検索上位表示で売上を増加させる

その他

【2022最新版】AmazonのSEO対策!検索上位表示で売上を増加させる

「Amazonで商品を新しく出品してみたんだけど、思ったように売れないぞ…」という方が、「もしかしたらSEO対策というのをやれば良いのかな?」という仮説を基にこの記事にたどり着いたのではないでしょうか(笑)

売上が思うように振るわない場合において、SEO対策が効くということが往々にしてあります。

そこで今回は、Amazon内のSEO対策についてイチからわかりやすく語っていきます。
Amazon専門コンサルタント「そばに」が蓄積した数多のの知見を基に、実例ベースで紹介していきますので是非ご覧ください!

AmazonにおけるSEO対策とは?

そもそもSEO対策とは?

SEO Amazon

一般的にSEO(Search Engine Optimization)は、Googleなどの検索エンジンのオーガニック検索におけるページの表示順位を高め、アクセス数を増加させることです。

その派生で、Amazon SEOとは、ECモール「Amazon」内で行うSEOのことを指します!

Amazonでは、検索をして商品を探す人がほとんどなので、SEO対策は事業者にとって優先度が高め。

自社が出品する商品の関連のキーワードを、ユーザーが検索した場合に、より上位に自社商品を位置づけることを言います。

Amazonは有名で市場規模が大きく、様々な企業や個人が出品しており、 広告を回せば、目に入る機会を増やすことはできますが、

お金をかけずに、ユーザーに見てもらう機会を増やす1番の方法が「SEO対策」です

AmazonのSEO対策の特徴

amazon

(引用:amazon

GoogleなどのSEOと同様に、Amazon SEOでも「ユーザーが検索する可能性の高いキーワードを、商品ページやタイトルに適切に含んでいるか」が重要です。

「青色のレーシングタイプのミニカー」を出品する場合、メインとなる商品キーワードとしては「ミニカー」となります。

掛け合わせのキーワードとしては、「レーシングカー」「青色のレーシングカー」などがすぐに思いつくと思います。

前述したとおり、これらのキーワードを商品ページやタイトルに盛り込むことはもちろん大事です。
しかし、商品タイトルに「青色のレーシングタイプミニカー レーシングカー 青色 ブルー」などで浅はかに設定するケースが見受けられます。

これらはユーザーに可読性が低い文字列を読ませる不快感を与えるだけでなく、Amazonの検索エンジン側から低評価を受けたり規約違反となるケースがあります。

ですので、文章としての可読性を意識した商品タイトルを前提に関連するキーワードを散りばめる必要があります

また、商品に関連するキーワードが思いつかない、そもそも商品のメインキーワードを決めかねる、などのご相談をうけることがあります。

そこで参考にしていただきたいのが、

  • Amazon内でキーワードを入力した際に表示されるサジェスト
  • Amazon内の検索数が取得できるサードパーティ製ツール
  • Google 広告キーワードプランナー

などを利用してより検索されやすいキーワードを選定していくことです。

Google内でのSEO対策との大きな違いは「炭酸飲料を使ったおすすめレシピ」や「炭酸飲料の仕組み」などの情報収集系のキーワードを利用しないということ。

出品しようとしている商品を基に、注文に繋がりやすいキーワード選定を行っていくことが大事になります。

AmazonのSEO対策の必要性は?

結論から言うと、どの出品者でもSEO対策は必要です!

その理由を、以下で具体的に解説していきます!

SEO対策する必要あるの?

SEO 対策

 

先に述べておきますが、Amazonの検索結果でSEOで効果があるのはオーガニック領域だけですので、広告よりは上位に商品を表示することはできません

なので「じゃあSEO対策じゃなくて広告打てば…」と思ってしまう方もいらっしゃると思います。

しかし、AmazonのSEO対策の必要性は十分にあります。

そこでその根拠をデータで示すと…

  1. Amazonにおけるユーザーの70%以上は2ページ目以降を見ない
  2. 65%の人が最初から3つの商品をクリックする

といったカンジです。

例として、2ページ目に商品が位置していると、月間で100,000人が欲しがるような商材を出品しているにも関わらず、30%の30,000人にしかリーチできいないということです。

それに加えて、「65%の人が最初から3つの商品をクリックする」ということは、2ページ目はそもそも論外で、3位以内に入ってなければ、多くのクリックを取り逃がすことになります。

したがって、AmazonのSEOの効果を期待するのであれば、検索順位で3番目以内を狙っていくことになります。

そもそもユーザーさんが商品ページに来てくれなければ、売りたい商品も売れませんからね。

 

SEO対策の効果は大きい

amazon SEO 対策 効果

また、効果はユーザーのアクセス数だけではありません。

 AmazonはECサイトなので、サービスのゴールはユーザーに商品を購入してもらうことにあります。

そのゴールを実現するためには、多くのユーザーを商品ページに流入させなければなりません。

売上増加をベースに施策を打とうと考えると、

  • 商品ページに流入した人の購買率を上げる
  • ユーザー単価を増やす

といった指標も売り上げの増加に影響しますが、これらもユーザーが商品ページを訪問することが前提に成り立っているのです。

そのため、AmazonではWebサイトに訪問したユーザーがスムーズに商品ページを訪問できるようにさまざまな経路を用意しています。

例えば、 Googleなどの検索エンジン経由でキーワードを入力してAmazonのWebサイトを訪問する場合。

ユーザーは初めから「欲しい商品と類似の商品ページ」か「欲しい商品カテゴリの一覧ページ」など、ある程度まで条件が絞り込まれた状態のページに辿り着きます。

そうすると、ユーザーの次のアクションは、「Amazonの検索窓に細かな条件や具体的なキーワードを入力する」となり、Amazon内検索を利用して商品ページを探すことになります。

つまり、ユーザーの主要な購買経路となるAmazon内検索において多くのユーザーが検索する言葉で自社の商品ページが上位に表示されれば、閲覧数や購買率の向上が期待でき、売上を伸ばすことができるのです。

AmazonのSEO対策で事前に抑えるべきポイント3選!

amazon SEO ポイント

ここまでで、事業者のアナタがAmazonでSEO対策をするべき理由は揃ったとおもいます。

しかし、AmazonでSEO対策を行う前に3つのポイントを抑えておくべきです。

具体的には、下記の3つです。

  1. そもそもAmazonで上位表示される商品とは?
  2. Amazonの検索結果ページへの認識
  3. 「ショッピングカートボックス獲得」必要性

重要なポイントなので、以下で詳しく解説していきます!

①そもそもAmazonで上位表示される商品とは?

上位表示 SEO対策 Amazon

ユーザーが検索するキーワードに関連している商品かどうか

顧客が検索したキーワードに対して「商品ページがどの程度関連性があるのか」という指標です。

商品ページやタイトルに、商品のメインキーワードや関連しているキーワードを盛り込めているかチェック

Amazon側がそのキーワードに関連する商品だと認識しやすくなるために、そのキーワードの関連する商品だとして、上位表示されやすくなります。

自社の商品がどんなキーワードで検索されているかを分析してページにキーワードを盛り込みましょう!

売れている商品かどうか

Amazon SEO 売上

本質的ですが、売れている商品は、Amazon側にユーザーに人気の商品と判断されます。

売れていない・人気のない商品をAmazon側は上位表示して、ユーザーに購入しやすくする必要がありません。

Amazon側の判断基準は「直近の期間(非公開ですが、大体7~14日くらいで)で売上を上げている」か、というカンジです。

また、「売上金額」なのか「売上個数」なのかという問題も存在します。

売上個数をさばくのが正義だった時代もあり、単価を低く設定して、順位が上がったタイミングで通常価格に戻すという価格戦略がありました。

現在のA9では大きく価格を変更すると、

  • 順位が著しく下がる
  • ユーザーのカート内から外れる

などの対策が講じられているので、あまりメリットを感じないでしょう。

もちろん、売れないよりは売れたほうが評価されますが、大幅に安い金額で販売された場合の効果は小さいといえるでしょう。

良質な購入レビュー

Amazon SEO レビュー

Amazonのユーザーは、商品レビューから比較して購入する人が多く、レビューの件数・星の数・質が大切です。

Amazonではレビューの評価が以下の5つの段階に分けられ、一緒にコメントを入れられるようになっています。

非常に良い ☆☆☆☆☆
良い ☆☆☆☆★
普通 ☆☆☆★★
悪い ☆☆★★★
非常に悪い ☆★★★★

評価の良いレビュー数が多ければ多いほど、良いページ・良い商品と判断されるので、SEOに良い影響を与えます。
「☆4以上」の評価レビューが3つ以上存在すると、SEOとともにCVRにも影響することが確認されています。

また、レビューの件数が10件以上ある場合だとレビューの質を確認するユーザーもチラホラ。
競合より良質な購入レビューを確保できているかということも、チェックしなければなりません。

コンバージョン率(ユニットセッション率)が高い

セッションに対しての購入率のことです。
言い換えると、ページを見に来たユーザー(セッション)の中で、購入に至った人の割合を示す数字です。

コンバージョンレートが高いと、「商品ページが良いページ」だと判断され、上位表示されやすくなります。

私たちができることは、商品ページにきたユーザーが購入に至るまでの意思決定をスムーズにすることです。

この要素の対策として、商品ページにきたユーザーの意思決定をスムーズにしてあげることです。

それには、商品ページの最適化だけでなく

  • 発送がまで早いか(FBA)
  • 在庫が切れていないか
  • お急ぎ便が利用できるか
  • 多種多様な決済方法があるか

なども対応してあげることです!

②Amazonの検索結果ページへの認識

 

検索結果の表示ページはSERP(サープ:Search Engine Result Page)とも呼ばれます。

Amazonでは、PC表示においてはキーワードの検索結果画面に、商品が16~48件が1ページに表示されます。

領域名 詳細
オーガニック
  • 上位3つの商品のアクセス率が65%
  • 無料
スポンサーブランド広告
  • ブランド登録で利用可能
  • SERPの一番上部に表示可能
  • 表示商品数は3つ
  • かなり効果が高い広告
  • SEOにも効果あり
スポンサープロダクト広告
  • SERPの上部や商品ページに表示可能
  • 販売促進の効果は高い
  • Amazon SEOにも間接的に影響あり

AmazonのSERPは大別すると、上の表の3つの部分になりますが、SEOで効果がある領域は「オーガニックランキング」だけです。

現状のAmazonでは、

スポンサーブランド広告 → オーガニック検索結果 → スポンサープロダクト広告 → オーガニック検索結果 → スポンサープロダクト広告 → オーガニック検索結果 …

といった商品配置になっており、スポンサープロダクト広告が多く挿入されるのです。

ユーザーは1ページあたり50件を超える商品を目にすることとなりますので、大半のユーザーは2ページ目に掲載されている商品ページまで目を通さないまま、1ページ目上部で商品詳細ページをクリックするのです。

そのため、Amazon SEOを実施する場合、広告の運用も同時に行うことが推奨されます

広告出稿によって上昇した売上は、Amazon 内の自然検索結果の順位や、カテゴリ別のランキングに影響します。
Googleなど一般的な検索エンジンへのSEOの場合、リスティングなどの広告出稿していなくてもSEOの施策のみで上位表示を実現させることができます。
しかし、A9の場合、売上や人気度など総合的なブランド力・商品力で順位が決定されるのです。

③「ショッピングカートボックス獲得」必要性

そもそも、商品ページのSEO対策を行うことが出来ても、「ショッピングカートボックス」が獲得できていなければ、購買率は低いままです。

楽天市場やYahoo!ショッピングなどのECモールとの決定的な違いは、商品の出品形態ですね!
下記でカンタンにまとめましたので、ご確認ください。

ECモール名 商品ページ 詳細
楽天市場・Yahoo!ショッピング 店舗単位 商品に対してページは1つ以上
Amazon 商品単位 商品に対してページは1つのみ

楽天やYahoo!ショッピングなどほかのECサイトでは、店舗単位で商品ページが生成されるため、同一商品の商品ページが複数存在します。
しかし、Amazonの場合は、 ASIN(エイシン) という商品識別用の10桁の番号コードで商品を管理しており、商品単位で詳細ページが構成されます。

その商品ページ内で、商品ページに大きく表示される「カートにいれる」ボタンを、他の出品者と取り合わなければなりません。

この「カートにいれる」ボタンを獲得することを、「ショッピングカートボックスの獲得」と呼びます。
イメージとしては、コンビニなどの商品棚の一番前に商品が陳列される形になります。
カートを獲得できなかった他の出品者の商品は、「こちらからもご購入いただけます」欄に表示されるだけで、購買率が低くなります。

ちなみに「ショッピングカートボックス」は

  • 販売価格
  • 在庫状況
  • ストア信頼性

などの要因によって決定されます。

日頃から上記の要素を考慮し、カートの獲得を安定的にすることが出来ているかを確認してからAmazonのSEO対策に踏切ましょう!

ここまでお読みいただき、そもそも「AmazonのSEO対策より、ショッピングカートボックスの獲得のほうが先だ!」と考える事業者さんは、以下のページを参考にショッピングカートボックスを獲得に挑戦してみてください!

AmazonのSEO対策の方法4つ!

Amazon SEO 対策

 

では早速、AmazonでのSEO対策の方法について具体的に解説していきます!

  1. キーワード対策
  2. 商品ページの最適化
  3. 商品の直近売上の増加
  4. コンバージョン率の改善
  5. 在庫保持率の向上
  6. 商品発送方法
  7. レビュー獲得
  8. 商品画像の最適化
  9. 商品紹介コンテンツの掲載
  10. 広告の出稿
  11. Amazon Super URLの利用

上記のように優先順で解説していきます!

対策なしに出品している事業者さんも多いので、対策すれば抜きん出ることも可能です。

出来るとこからしっかり対策を講じて、商品をバリバリ売って売上をあげていきましょう!

商品のキーワード選定

Amazon SEO キーワード

ユーザーが検索するキーワードに引っかかるかどうか、という部分がSEO対策の根幹ですので、「SEOはキーワードに始まりキーワードに終わる」とも言われているほどです。

Amazon SEOにおいて、キーワードの観点から改善を図ることが可能な項目は、下記の部分です!

  1. 商品名(商品のタイトル)
  2. 商品仕様
  3. 商品説明
  4. 検索キーワード

1,2,3の要素においては、商品ページのテキスト情報として確認することが可能です。
4においては、商品ページ上には視覚的に表示されない情報で、A9側にのみ認識される部分になります。

設定する上での基本的な規約としては、

  • 主観的な情報は含めない
  • 特殊文字は利用しない

などが存在しますが、カテゴリや出品形態に応じては、規約が厳しいので、必ずセラーセントラル(ベンダーセントラル)より最新の公式情報を確認するようにしてください。(薬やサプリ関係は厳しいので注意!)

まずは、ユーザーが検索する適切なキーワードを探し出しましょう。

キーワードには「ビッグキーワード」と「スモールキーワード」があります。

キーワードの種類 詳細
ビックキーワード 商材名などメジャーなキーワード
スモールキーワード 形状や詳しい特徴を表すキーワード

自社の商品をどんな人に使ってもらうのかを常に考えながら、この2つを使い分けましょう。

たとえば、あなたが日焼け止めを販売しているとします。
その商品が、子供向けなのであれば、「日焼け止め 子供」などのキーワードを選定することになるでしょう。

そのキーワードの見つけ方は2つあります。

①サジェスト

検索バーに検索キーワードを入力すると、それに関連した「よく一緒に検索されているキーワード」が表示されます。
これをサジェストと言います。

②セラースプライト

Amazon内での月間検索ボリュームを調べる外部ツール。
プランによって、月額料金がかかるので、多くの商品を出品している事業者にはおすすめです!
一緒に調べられているキーワードやASINごとに調べられているキーワードを細かく知ることが可能なのです。

商品ページの最適化

商品が検索されるキーワードを見つけ出したら、商品ページの最適化を行っていきます。
こちらの効果として、検索ページのクリック率(CTR)やコンバージョン率(CVR)をあげることができます。

商品名の変更

商品名は、検索ページに表示される部分なのでSEOだけでなくCTR(クリック率)を高める部分にもなります。
検索結果ページ一覧で、クリックしてもらうためには、商品名を工夫しましょう。

検索結果表示ページでは、以下のように

  • 商品画像
  • 商品名
  • レビューの数と質
  • 価格やポイント

などの情報しか表示されません。

SEO効果を上げるコツとしては、左側に必要なキーワードを挿入して、可読性を維持したままで情報を詰め込みましょう。
上記のツールを利用して、出品する商品に最適なキーワードを見つけたら、それらを盛り込んでいきます。

しかし、過剰に盛り込みすぎると、コンバージョン率の低下も招くので、SEO的にもよくありません。
例えば、「水筒」というキーワードを狙っているからといって、タイトルを「水筒 水筒 水筒 水筒 水筒 」としても意味がありません。(実は昔は効果的でした)
キーワードは、1度出現すれば問題ありませんので、確実にキーワードを盛り込んでいきましょう。

一つ注意点として、「薬機法」の考慮をしてください。
商品の説明をする際に「表現」に規制をかけているもので、医薬品として誤解させないことです。
間違ったことを伝えたり、過剰な期待をさせたりしないことが基本的な考え方となっています。

商品の仕様

商品の仕様には商品の説明を、最大で5つの要素を入れることができます。

PC画面では、タイトルの下にこれらの要素が表示されるので、ユーザーの目に止まりやすいです。
つまり、ひと目でわかるように記述するように心がけるようにしてください!

スマホ版では、「詳細」という部分に上3つのみが表示され、下2つの説明文は、クリックをしないと表示されません。
そのため、上から3つ目までに伝えたい情報を盛り込むといいでしょう。

商品紹介コンテンツ

PC上でもスマホでも、商品ページのトップページから少しスクロールしたところにあり、「商品の説明」と書かれてある部分に該当します。

以下の画像が商品コンテンツの例です。

  1. 画像のみを貼る
  2. 画像と文章で説明することができる。
  3. Amazonに出品している自社商品のラインナップ

画像とテキストで説明することができるため、
商品についての情報をより詳しくユーザーに伝えることができる部分です。
様々な見せ方があるため、適切なものを選び作成するといいでしょう。

ここでもキーワードを意識していれてください。

商品画像

SEOには直接関わってはきませんが、コンバージョン率に関わってくるのが、商品画像です。
画像なので、視覚的に伝えたい情報を伝えることができます。

最大で9枚入れることができますが、商品ページに表示されるのは7枚です。
スマホでは、スクロールしないと次の画像をみることはできないので、スクロールしてもらうために、画像に流れを作ることが大切になってきます。

Amazonの商品画像にはメイン画像とサブ画像の2種類がありそれぞれの規則や特徴によって使い分けることが大切です。
商品を出品する際、このメイン画像は必須で登録しなければならないもので、基本的に白背景に商品本体の画像のみが載っています。

メイン・サブなどを、商品の全体像・商品の説明・商品のサイズなどを、ストーリー性などを用いて画像の配置を行うと良いです!

商品の直近売上の増加

商品の直近売上の増加 Amazon

直近で商品がどの程度売れたのかは、A9(A10)に大きな影響を与えます。
「直近」とはどの程度の期間なのか?ということに関しては、A9(A10)もその期間を常に調整しており、明確には分かりません。しかし、概ね7日から14日と考えて良いでしょう。

また、「売上金額」なのか「売上個数」なのかという問題もあります。

実は2018年位までは、「売上個数」が重要な指標となっていました。
したがって、商品価格を下げることで売上個数を稼ぎ、Amazon SEOで上位表示させるという方法を多くのセラーが実践していたのです。

しかし現状では、過度に安売りすることで売上個数を稼いだとしても、A9(A10)の評価は上がりません。

もちろん、売れないよりは売れたほうが評価されますが、大幅に安い金額で販売された場合の効果は小さいといえるでしょう。
例えば、通常1,980円で販売していた商品を、198円(90%オフ)で販売し、ある程度順位が上がったところで通常料金に戻すという価格戦略が以前は一般的でした。

現状では、元の価格に戻した時点で、SEO的に大きく順位が下がります
また、値段を大幅に変えると、せっかくショッピングカートに入っていた商品もカートから外れてしまいます。
そのため、価格を大幅に下げる価格戦略はおすすめできません。

現状は「売上金額」「売上個数」も重要な指標となっていますので、安売りしすぎて売上金額が低くならないように気をつけましょう。

新規出品でも売上を伸ばす方法を解説していますので、参考にしてみてください。

コンバージョン率の改善

amazon コンバージョン

直近売上と並んで重要な指標になっているのが、コンバージョン率。
セラーセントラルから確認できるビジネスレポートでは、「ユニットセッション率」として表示されています。

コンバージョン率(CVR)とは、顧客が商品ページにアクセスした人の中で実際に購入に至った割合のことです。
例えば、100人の顧客が商品ページを見て5個の購入があった場合、CVRは5%になります。

Amazon運営側としては限られたアクセスをどの商品に振り分けるかで売上が大きく変わるのです。

コンバージョン率が1%の商品ページと、5%の商品ページがある場合、CVRが高い方の商品ページを上位表示させるというのは、合理的な判断といえるでしょう。
したがって、出品者側としては、できるだけコンバージョン率を高める必要があります。

クーポン・プロモーション設定

プロモーション amazon

Amazonでは、クーポンやプロモーションなどで商品の割引を提供したり、送料を無料にしたりすることができます。

クーポンやプロモーションを設定していることが、Amazon SEOに直接影響を与えるわけではありません。
しかし、クーポンやプロモーションなどの施策は、コンバージョン率が上がる傾向にありますので、間接的にAmazonのSEO効果があるといえるでしょう。

ただし、過剰なクーポン割引を行った場合、値引き戦略と同じような問題が起きます。
つまり、販売個数やコンバージョン率は増えるけれども、売上金額が伸びないという問題です。
クーポンやプロモーションの割引率のバランスを調整し、コンバージョン率が高く、売上金額も上がるような設定を行う必要があります。

この章のまとめAmazonで狙っているキーワードで上位表示させるには、直接的にSEOを上げる対策だけでなく、間接的なSEO対策も実施する必要があります。
商品ページを作りこんだり、広告をかけたりして直近の売上を増加させることが重要です。

在庫保持率の向上

Amazonは一貫して「顧客の利便性」を追求しているので、在庫を提供できない期間がある商品は高く評価しません。

ある一定の期間、在庫をきちんと保持していたかどうかは、Amazon SEOにおいて重要な指標となっています。

また、在庫がなければ売上も上がらないので、在庫のない商品ページを上位に表示させることはAmazonの売上的にもマイナスになります。
できるだけ在庫を切らさないように注意を払わなければなりません。

在庫切れで売れないと、商品の直近売上が下がってSEOに影響するという間接的な影響ももちろんあります。
単純に在庫保持率が100%ではなかった場合、AmazonからSEO要素のペナルティを受ける可能性があります。

当社も在庫補充のタイミングを見誤り、SEOランキングが急降下したという事例がありました。在庫に関しては、余裕を持って補充するようにしましょう。

商品価格の再検討

amazon SEO 商品価格

適切な商品価格をつけることは、Amazon SEOで重要です。

商品価格が高すぎるとコンバージョン率が悪くなり、ランキングが下がることはもちろんあります。
ですが、単純に「商品価格がAmazonが想定している範囲内かどうか」も、Amazon SEOに影響を与えているようです。

上述したように、低価格で商品を最初に販売して、後に価格を上げるという戦略が以前はよく機能していました。
ところが、最近では「価格を一定以上あげた瞬間に検索順位が落ちる(圏外に飛んでいく)」という現象が見られます。

価格によるコンバージョン率の変化ではなく、単純に価格がAmazon SEOの基準となっていると考えるのが妥当でしょう。
例えば、あるキーワードでの販売価格帯が2,000円程度の場合、商品価格を2万円にしたり、逆に200円にしたりすると、Amazon SEOでは評価が下がる傾向にあります。

適切な価格設定は、Amazon SEOに直接影響する重要な要素といえるでしょう。

商品発送方法

Amazon 出品

Amazonの商品発送に関しては、

  • 出品者出荷
  • FBA出荷(Amazonから出荷)

を出品時に選択することができます。

Amazon SEOで上位表示を狙うには、基本的にFBA出荷を選択するのがおすすめです。
発送形態によって直接SEOが変化することは確認されていませんが、FBAから出荷すれば当日や翌日に商品が手に入るため、コンバージョン率に寄与します。

FBAを選択商品が早く欲しいユーザーにもリーチコンバージョンレート上昇SEOにも寄与

という形になりますので、出来るだけFBAを利用したほうが有利に働きそうです!

レビュー獲得

ランキング amazon

Amazon SEO対策において、カスタマーレビューはとても重要な要素となっています。
なぜなら、直接要因である「直近売上」「コンバージョン率」に深く関連するためです。

評価の星の数が多く平均点が高い商品は、検索表示ページでクリックされやすく、その後のコンバージョン率も高くなります。
以前は評価の星の数や平均点も、Amazon SEOに「直接」影響する重要な要因でした。単純に評価の数が多くて平均点が高い商品が、上位を独占していたのです。しかし現在は、評価が直接要因であるとは言い切れません。

ただし、Amazonがここまで大きな販売プラットフォームになった要因の1つが、評価システムにあることは明らかです。
そのため、Amazonがユーザー評価をSEO要素から完全に取り除くことはないでしょう。

できるだけ評価を増やし、平均点も高めていくことによって、Amazon SEOを向上させることができるのです。

商品画像の最適化

商品画像はコンバージョン率に大きな影響を与えるので、Amazon SEO対策においても重要な要素だといえます。

多くの顧客は商品説明を読むことなく、画像だけで商品情報を判断しています。
「商品説明に書いているからいいだろう」と考えず、重要な情報はすべて商品画像に含めるようにしてください。

商品画像は9枚まで投稿可能ですが、実際に閲覧されるのは7枚目までです。
一旦、画像をクリックすると、Amazonの商品画像ギャラリーの画面に変わり、9枚目まで全て表示されるようになります。

したがって、8~9枚目は重要度は低いといえるでしょう。

商品紹介コンテンツの掲載

Amazon 商品 画像

商品ページの下部に、商品の詳細説明を追加できるのが「商品紹介コンテンツ」。
以前はiOSアプリでは詳細欄をクリックしないと見れませんでしたが、現在はPCでもモバイルでも表示されるようになりました。

もともと商品ページが非常にシンプルなAmazonですが、商品紹介コンテンツを追加することによって、リッチなコンテンツにすることができます。
商品紹介コンテンツは、ヘッダー・画像・テキストで構成されています。商品を詳細に説明することで、コンバージョン率をアップさせることができるでしょう。コンバージョン率がアップすると、Amazon SEOにもプラスの影響を与えます。

最近は、商品紹介コンテンツの掲載内容について、審査が厳しくなっています。できるだけ早くコンテンツを作成して、審査を受けることが望ましいでしょう。
商品紹介コンテンツは、

セラーセントラル → 在庫 → 商品紹介コンテンツ管理

で編集可能です。

広告の出稿

Amazonの広告を出稿しているかどうかは、Amazon SEOに直接影響を与える要因ではありません。
しかし、Amazonで広告をかけることによって、直近の売上がアップするので間接的にSEO効果が高まることは確認されています。

特に出品初期は、SEOランキングも低く広告をかけなければ、商品を売ることは難しいでしょう。
商品が売れなければ、ランキングも低いままですのでオーガニック売上もありません。

したがって、積極的にAmazon広告を出稿し、売上を立てていくことは必須です。

上述のようにAmazonの広告には、スポンサードプロダクト広告(SP広告)とスポンサードブランド広告(SB広告)があります。
できれば両方の広告をかけることをお勧めしますが、スポンサーブランド広告はAmazonブランド登録をしていなければ広告を出すことができません。

Amazonブランド登録には時間がかかるので、なるべく早めに登録しておきましょう。

    特定のURLの利用

    URL amazon

    • Amazon Super URL
    • 2 Step URL

    上記のURLを利用して出品した商品を購入された場合において、SEO効果があるとされています。

    まず、「Amazon Super URL」とは、「AmazonのURLに&keyword=[〇〇]がついたURL」のこと。

    例えば検索窓に「ワイヤレス充電器」と打って検索した際に、現れた商品ページをクリックするとURLに「&keywords=ワイヤレス充電器」という単語がつきます。
    このように狙っているキーワードを含んでいるURLを、顧客にクリックしてもらい購入してもらうと、そのキーワードにおけるAmazon SEOのランキングが向上するというわけです。

    Amazonでのオーガニック、スポンサードプロダクト広告やスポンサードブランド広告経由での購入であれば、基本的には「&keyword=[〇〇]が含まれたURL」から購入されています。

    次に、「2 Step URL」の導入です。

    こちらは、StoreFront(ストアフロント)などから生成できるURLの一つで、上で紹介した方法より一般的な方法です。
    2ステップの検索から商品を絞り込んで、Amazon側に検索キーワードと購入された商品が近しい関係にあるということを認識させます。

    このURLを外部広告からのアクセス先に使用すると、クリックされて購入があったときにAmazon SEOの効果が上がることになります。

     

    このほかのSEO対策として、

    • ブラウズノード(商品のカテゴリ)
    • リファインメンツ(商品の絞込み条件)
    • 容量・サイズ違い商品のバリエーション設定

    が行えているかの確認も必要です。

    「そばに」のAmazonのSEO対策の事例をご紹介

    Amazon専門コンサル「そばに」でも、数多のクライアントさんのアカウントにおいてSEO対策を行ってきました。
    そちらの事例を以下で紹介していきたいと思います!

    まず、そばにがコンサルティング・運用させて頂いている食品を販売している会社の事例です!

    食品会社のSEO対策事例

    ▼「そばに」がSEO対策を行う前amazon SEO そばに 事例 食品

    ▼「そばに」がSEO対策を初めてから1年後amazon SEO そばに 事例 食品

    SEO対策のサポートを始めた2021年3月の売上は、884,922円。
    1年後の2022年3月の売上は1,891,739円と、213.77%UPという結果になりました。

    上記の食品会社さんにおいては、下記の施策を行いました!

    • 弊社システムを使⽤したAmazon KWの抽出
    • 商品ページのリニューアル
    • 画像最適化(バリエーションの組み直し)
    • セッションのバラつきの調整
    • 販促費の最適化
    • スマホファーストの画像制作

    また、併せて広告運⽤最適化・レビュー施策も行ったことで相乗効果を得られました。

    カー⽤品販売会社のSEO対策事例

    ▼「そばに」がSEO対策を行う前amazon SEO そばに 事例 カー用品

    ▼「そばに」がSEO対策を初めてから9ヶ月後amazon SEO そばに 事例 カー用品

    カー⽤品販売会社のSEO支援を始めた2021年8月の売上は5,490,933円でしたが、1年後の2022年3月の売上は9,641,382円と、175.59%UPとなりました。

    具体的には、

    • 弊社システムを使⽤したAmazon KWの抽出
    • 商品ページのリニューアル
    • 画像最適化(バリエーションの組み直し)
    • セッションのバラつきの調整
    • 販促費の最適化
    • 販促費の最適化
    • スマホファーストの画像制作

    などの施策を中心に行った他に、

    • 広告運⽤最適化
    • レビュー施策
    • 外部販促施策(SNS)

    なども並行して行っています。

    上記のように、SEO対策は手間も時間もかかりますが、広告費に依存しない売上をたてることが出来るのです!

    まとめ

    Amazon SEO 対策

    AmazonのSEO対策の記事、いかがでしたでしょうか。

    おおまかに、以上で紹介した対策ポイントのまとめとして、

    • 商品キーワードの選定と設定
    • 商品ページの作り込みでコンバージョン率の向上を目指す
    • 広告を併せて出稿する

    のような点を対策するとSEO対策となります。

    SEO対策とは、答えの見えない戦いのようなものですので、短期的なトレンドのノウハウに取り組まずに、本質的な対策を心がけるようにしてください。

    短期的に順位が上がる方法(抜け穴)は現在でも存在しますが、Amazonはすぐに対策を講じてきます。

    • 商品に関連するキーワードを選定
    • 質の良いレビューを貯める
    • 商品ページをユーザーが見やすいように改善

    など、本質的にユーザーニーズを満たせば、検索順位上がらないはずがありません。

    そこで、Amazonコンサルティング・運用の「そばに」では、短期的に検索順位を伸ばすノウハウだけでなく、長期目線でのSEO対策のサポートを行っております。

    「商品に対する検索キーワードは分かっているが、検索順位が芳しくない」
    「SEOの競争が激しい商品カテゴリなので、自社では対応しきれないのでサポートに回ってほしい」
    「商品ページの最適化をするリソースがないので代行してほしい」
    「SEO対策に併せた広告運用も行いたいが、未開の分野なので知見を貸してほしい」

    などの理由で、たくさんのお声がけをいただいております。

    「そばに」では数々のSEO対策を実施して参りましたので、数多の知見とノウハウが溜まっていますので、まずはお気軽に、メールにてご相談を承ります。

    メールでのお問い合せする!

    上記のボタンをクリックして、メールにてご相談下さい!

    Amazon専門コンサルタントがアナタのお悩みを解決します。

    What is Sobani

    Amazon通販支援数が
    100社以上という圧倒的な
    実績経験があります。

    オリジナル商品の販売に特化
    しており、特定マーケットで
    シェアNO.1を多数創出しています。

    自社でECのシステム開発を行うベンダーでもあり
    より戦略的なコンサルティングが可能です。

    アマゾン ジャパン合同会社様
    共同セミナーを開催しています。

    Amazonコンサルティング
    専門企業
    でECコンサルタントは、
    現役or元Amazonセラーで
    構成された実力派集団です。

    Recommend関連記事

    2021年4月6日

    Amazonトレンド その他

    Amazonの禁止ワードって?化粧品や健康食品は特に注意!

    お世話になっております。 株式会社そばにAmazonコンサルタントの若月です。 当サイトをご覧頂きありがとうございます。 今Amazonに出品されている方で、化粧品や健康食品を取り扱われてい……

    2022年5月23日

    その他

    【わかりやすく】Amazonアソシエイトプログラムとは?

    「アフィリエイトについて調べたら、amazonアソシエイトプログラムってあるけどこれはなんだろう...?」と悩んでいませんか? じつはamazonアソシエイトもアフィリエイトの一つです。 アフィリ……