【Amazon出品者向け】最適なメイン画像とは?コンサルが徹底解説!

Amazon 出品

【Amazon出品者向け】最適なメイン画像とは?コンサルが徹底解説!

Amazonで売り上げをどんどん伸ばしていきたいと思っているみなさん!

こんにちは、Amazon専門コンサルティングカンパニー「株式会社そばに」コラム編集部です!

突然ですが、 Amazonの商品画像についてどこまでご存知ですか?

 Amazonで出品するにおいて商品画像は「メイン画像」と「サブ画像」の2種類あり、その内のメイン画像は商品ページの顔と言っても過言ではないほどとても重要な役割を果たしています!
そのため、とりあえず画像を登録してみたというのはとても勿体無いです!

この記事では、メイン画像の詳細や気をつけるべきポイントを記載しているので是非最後までご覧ください!
重要ポイントをしっかりと押さえてメイン画像を設定し、クリック率を増やして売り上げアップを目指しましょう!

Amazon出品時のメイン画像について

商品画像とは?

Amazonにおける商品画像は、「メイン画像」と「サブ画像」に分けられます。

【クリックされる!】 Amazonメイン画像を徹底解説!クリックされない出品者様はまずメイン画像を見直しましょう!

(引用:Amazon

 

  • メイン画像(1枚のみ)
    商品を検索した際に商品一覧で表示される画像です。このメイン画像は背景を真っ白にする白抜き背景にしないといけない決まりとなっております。

  • サブ画像(最大8枚まで登録可能)
    →サブ画像は白抜き画像にする必要がないので、以下の画像のようにテキストや画像で自由に訴求できます!(いくつかのルールがあります。)サブ画像はメイン画像とは違い、検索後の商品一覧には表示されません。クリックされた後の商品紹介ページで初めて見られるようになります。
Amazonサブ画像

(引用:Amazon

Amazonサブ画像

(引用:Amazon

メイン画像の推奨サイズとは?

Amazonのメイン画像の推奨サイズは、「幅:2000px」「縦:3000px」となります。
(※こちらは株式会社そばにが推奨するサイズです。)

このサイズはスマホで最適なサイズとされており、スマホユーザーが過半数を占めるAmazonではこちらのサイズを推奨しております。
(※我々株式会社そばにの見解になります。)

 

またサブ画像も上記と同じサイズが推奨されているので、Amazonの商品画像を作成するときは「幅:2000px」「縦:3000px」を徹底するようにしましょう!

メイン画像はクリック率を大きく左右する。

メイン画像は以下のように検索結果画面に表示されます。

Amazon 検索結果画面 メイン画像

(引用:amazon

顧客がAmazonで商品を購入する際は、

  1. まず気になっている商品のキーワードを検索
  2. 検索結果ページで気になったものをクリック!
  3. 商品ページを複数個見て一番良さそうと思ったものを購入!

というプロセスが多いと思います。

このプロセスの中で2番の時にメイン画像は非常に役に立ちます!

メイン画像は商品を検索した際に一番目立つ要素となっており、商品名よりも大きく表示されます。
そのため、メイン画像が魅力的ではっきりとしていれば自然と売上が上がっていくということがご理解いただけると思います!

上記の参照画像を見たらわかるように、商品がはっきりとわかりやすく高画質なものが上位に表示されたり「ベストセラー」や「Amazonおすすめ」に選ばれたりします。

そのためしっかりと画像を選定する必要があるのです。

Amazonでクリックされるメイン画像の重要ポイント

クリックされるメイン画像の重要ポイント

1.高画質でわかりやすいメイン画像にする

購入者側の目線に立った時に、当然実物に触れることはできないため写真のみでしか商品を見ることはできません。

そのため、写真であっても高画質で明るく、よりキレイに写っている写真の方が印象がいいのは明らかです。
以下の画像を見比べてください。

微妙な差ではありますが、この違いだけでも購買転換率は変わってくるのです。
購入者はお金をかけて買うため、この些細な違いでも嫌な印象が残れば購入してくれない可能性が出てきます!

そのため、少しでも見栄えが良くなるように高画質で明るめなわかりやすい画像を作成するように心がけましょう!

2.最適な画像サイズに設定

商品ページでは、商品画像をズームして見ることができるズーム機能というものがあります。
以下のように画像にカーソルを合わせると一定の範囲が拡大されとても見やすくなります!

 Amazonメイン画像 ズーム機能

(引用:Amazon

ズーム機能は画像サイズが1600ピクセル以上あれば最適に使えることができます。
(最低1000ピクセルあれば使用可能ですが、1600ピクセルが理想です。)

先ほどお伝えした推奨サイズでも、ズーム機能が利用できます。

ズーム機能は商品を細かく見ることができるので、購入者も安心して購入することができるためできるだけ設定するようにしましょう!
データから見ても、実際にズームできる画像の方が、購入率が高いとされています。

3.画像の拡張子はJPGにする

画像の拡張子は、TIFF(.tif)、GIF(.gif)なども使用できますが、JPEG(.jpg)がもっとも適しています。

これは Amazonの公式がJPGが一番適していると表明しています。

画像は、JPEG(.jpgまたは.jpeg)、TIFF(.tif)、PNG(.png)、GIF(.gif)のいずれかのファイル形式にする必要があります。JPEGを推奨します。 Amazon セラーセントラル

理由としましては、JPEG形式が番サイズが小さく処理やアップロードを高速で行えるためです。

様々な画像をJPEGに変換する方法としては、以下のサイトがオススメです!

iLoveIMG
https://www.iloveimg.com/ja/convert-to-jpg

Amazon出品時のメイン画像の注意点

1.よくあるNG3選

メイン画像の注意点

メイン画像が完全な白抜き画像でないといけないということは皆さんご理解いただけたと思います。

それではこれからNG例をご紹介していきますので、誤って以下の例を真似しないようにしてください!

NG例その1:背景が白ではなく別の色の画像

Amazonメイン画像 NG例

背景の色が単色であっても白抜きでなければいけません!
間違ってこのような画像にしないように気をつけてください!

NG例その2:同梱されていない商品が写っている画像

Amazonメイン画像 NG例

(引用:Amazon

この画像は一目見ただけでは大丈夫だと思うかもしれませんが、この商品を買ってもついてこない化粧品が映っているためNGとなります!

  • メイン画像は、実際の商品のプロフェッショナルな写真でなければなりません(グラフィック、イラスト、モックアップ、代替品は許可されていません)。購入者の混乱を招く可能性のある付属品や小道具は表示しないでください。Amazonセラーセントラル

購入者の混乱を招く可能性のある付属品や小道具は表示しないでください。」とあるように、ユーザーが「この商品は化粧品もついてくるんだ。」と誤解を招くような画像を使うのはダメだということです。

実際にどのように商品が使われるのかを小道具を使い、伝えたい気持ちはわかりますがメイン画像では販売している商品だけを写すようにしましょう!

上のような画像はサブ画像に登録することは可能なので、テキストなどで装飾してから設定しましょう!

NG例その3:テキストなどで装飾されている画像

メイン画像は、テキストなどを入れた画像ももちろんダメです!

Amazon メイン画像 ダメな例

このように、「ツヤツヤ生地!」「激安大特価!」などテキストで装飾するのはやめましょう!
テキストで様々な訴求をしたい気持ちはわかりますがメイン画像は商品のみの白抜き背景で設定しましょう!

このような画像を使用したいとき、サブ画像では6枚(MAX8枚)も装飾付きの画像を載せることができるためサブ画像や商品紹介コンテンツなどでしっかりと商品の魅力を伝えるようにしましょう!
(※商品紹介コンテンツをよく知らないという方は下のリンクに詳細がのっているので要チェック!)
🔗商品紹介コンテンツとは?作成方法から最適化まで徹底解説!

2.ガイドラインに沿っていない画像を設定してしまうと、その商品は検索対象外となる

メイン画像を設定するにあたって厳しいガイドラインがあり、守らなかった場合その商品は検索対象外となってしまいます。
そうなってしまっては、売れるものも売れなくなるのでガイドラインに沿った画像を作成するようにしましょう!

以下がガイドラインとなります。

  • 不鮮明な画像、画素化された画像、端がギザギザに加工された画像は使用できません。
  • ヌードや性的なものを示唆させるような画像は使用できません。子ども用および乳児用のレオタード、下着、水着を人間のモデルに着せないでください。
  • 画像には、Amazonのロゴや商標、およびAmazonのロゴや商標と類似した、紛らわしいいかなるバリエーションや修正も含めてはいけません。これには、AMAZON、プライム、ALEXA、Amazon Smileデザインが付いた用語やロゴが含まれますが、これらに限定されません。
  • 画像に、Amazonで使用されるマーク、およびマークと類似または紛らわしいいかなるバリエーションや修正を含めてはいけません。これには、「Amazon’s Choice」、「Premium Choice」、「Amazon Alexa」、「Works with Amazon Alexa」、「ベストセラー」、および「トップセラー」などが含まれますが、これらに限定されません。詳細については、商標使用ガイドラインを参照してください。

— Amazonセラーセントラル ヘルプ 商品画像の要件

つまり、画質が悪かったり加工された画像や性的な画像、Amazonのロゴや商標が写っている画像などはダメだということです。

そのため、画質の良い白抜き画像であればガイドラインに違反することはないのでメイン画像は白抜き画像にするように注意しましょう!

3.薬機法に注意しなければならない

Amazon メイン画像 薬機法

商品ページや商品紹介コンテンツだけではなく、画像でも薬機法に気をつけなければなりません。
医薬品ではないのにそう認識させたり、間違ったことを伝えたりする表現を規制するものが薬機法です。

例えば、「〜を飲むと治ります。」「〜を服用すれば痛みが消えます」など本来の効能以上の効果を期待させるような表現は必ず避けましょう。

これを破るとアカウントをバンされる危険性もあるので最後にしっかりと確認するようにしましょう。

予期せぬトラブルもそばにのAmazonアカウント運用代行なら安心!

出品している商品が検索対象外になっていると、ユーザーに届くことはありません。

検索しても自社の商品ページが出てこないと焦ってしまいますよね。

しかし、検索対象外になるのは理由があり、適切に対処すれば解決しますので、焦らずに落ち着いて対処しましょう。

とはいえ、

「検索対象外になっているか確認するのが面倒」
「原因をAmazonに問い合わせたけれど分からなかった」

など、Amazon出品は細かい決まりが多くてやっぱり面倒ですよね…。

そんな時は、我々そばにの「Amazonアカウント運用代行」をご活用ください!

面倒なこと、細かくて分からないこともそばにに丸投げでOK!ぜひご検討ください。

そばにのAmazonアカウント運用代行とは?

 そばにのAmazonアカウント運用代行とは?

上記の画像は、そばにが提供しているAmazonアカウント運用代行のメニューです。

クライアント様に代わり、売上拡大の施策からエラーの対応まで、そばにが代行します!

ご覧いただくと分かる通り、Amazonアカウントの運用には多くの施策が必要です。

そばにのAmazonアカウント運用代行では、クライアント様あわせた必要な施策を適切に行い、売上拡大に繋げます

豊富な経験と知見のあるプロのECコンサルタントがチームで行いますので、どんな困りごとでもお気軽にご相談ください!

1年で売上が約3倍に!?とあるクライアントの事例を紹介

Amazonで雑貨を販売していたクライアントは、そばにのAmazonアカウント運用代行で、注文商品売上が1年で334.15%もアップしました!

行った施策は以下の通りです。

  • SEO最適化
  • 画像最適化
  • 広告運用最適化
  • レビュー最適化
  • 配送面の強化

そばにがAmazonアカウント運用代行で行う施策は、クライアント様によって違います。

それぞれのクライアント様の現状や強化すべき対策を、しっかり分析したうえで行っているからです。

これらのほかにも、SNSの強化やInstagramのコンサルティングを行う「外部販促施策」や、売れるタイミングや季節にあわせて行う「セール施策」「シーズン施策」などがあります。

このように、売上アップに必要な施策がたくさんあるAmazon販売ですが、言い換えれば、その切り口や方法が多くあるとも言えますよね。

現在、そばにでは、Amazon販売の無料相談を承っています。

「売上アップの具体的な方法を知りたい」
「もっと売上を伸ばしたい!」

と思っている方は、ぜひ一度そばににご相談ください!

◆お電話・WEBからのお問い合わせはこちら

Amazon専門の運用スペシャリストによる売上UPをご希望の企業様はお気軽にご相談ください。
コンサルティング・運用代行・広告運用のサービスや事例に関する質問/相談はこちら↓

※設定や手続きなどのご不明点はこちらからテクニカルサポートにお問い合わせください。
 ※お電話からのお問い合わせは初めに一次受付にてご対応となります。

まとめ

【クリックされる!】 Amazonメイン画像を徹底解説!クリックされない出品者様はまずメイン画像を見直しましょう!

この記事ではメイン画像についてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

ネットでのお買い物は商品ページでしかお客様に商品の魅力を伝えることができません。
そのため、お客様が商品ページに来てくれるためにメイン画像をとても魅力的なものにすることを心がけるようにしてください。

また、そばにではLINE公式アカウントにて、Amazon物販の戦略ノウハウなどお役立ち情報を配信しています。

「Amazonでの戦略を知りたい!」
「売れない現状を打開したい!」

このような悩みを抱えていましたら、ぜひ下記バナーより友だち追加してください。

QRコード

監修者紹介

若月 菫

取締役

株式会社 そばに 取締役。
東京都板橋区出身。学生起業でAmazonから越境ECに渡り多角的なモールで自社商品を取り扱い、Amazonのみの売上は1.6億円。
販売事業者として実績を積んだ知識を基にECコンサルティングへと参入。
主にフロントコンサル業務を担当。もともと広告代理店に3年程従事し、化粧品や健康食品系を主とした広告戦略の立案から作成までの知見を活かし、Amazon広告以外にも、Youtuber施策・インフルエンサーマーケティングなどの知識も含めての販売戦略のノウハウで支援を行う。

人気記事

What is Sobani

Amazon通販支援数が
600社以上という圧倒的な
実績経験があります。

オリジナル商品の販売に特化
しており、特定マーケットで
シェアNO.1を多数創出しています。

自社でECのシステム開発を行うベンダーでもあり
より戦略的なコンサルティングが可能です。

アマゾン ジャパン合同会社様
共同セミナーを開催しています。

Amazonコンサルティング
専門企業
でECコンサルタントは、
現役or元Amazonセラーで
構成された実力派集団です。

Recommend関連記事

2023年3月8日

Amazon 出品

Amazonでユーザー権限を付与する方法とは?外注化を検討している担当者様必見!

Amazon販売をしている方で、 「取り扱う商品が多く、自社だけでは対応できなくなってきた」 「商品登録が多すぎて、業務を外注化したい」 と悩んでいますか? そのような場合は、今回紹介……

2022年8月26日

Amazon 出品

【2023年最新版】Amazonブラウズノードとは?設定・修正方法を解説!

Amazonで一旗揚げたいとお思いの出品者の皆様! こんにちは!Amazon専門コンサル株式会社そばにの森岡です!   今回はAmazonの出品時に欠かせないブラウズノードについて解説……

2022年8月14日

Amazon 出品

【セラー向け】Amazonの代引き設定の方法やメリデメまで徹底解説!

Amazonでお買い物をすると、さまざまな支払い方法があります。 「代引き」もその一つ。 代引きを利用してお買い物をしたい方も一定数おり、出品者が「代引き設定」をすることで新規顧客獲得など……