【今日からできる!】Amazon 売上アップのポイント完全版!

Amazon売上UP

【今日からできる!】Amazon 売上アップのポイント完全版!

Amazonに出品したのにまったく売上が伸びない…
Amazon販売に向いてないのかな…
と、お悩みの方は多いと思います。

こんにちは!Amazon専門コンサルティング会社【そばに】の森岡です!

 

Amazonで売上アップするには重要なポイントを押さえ、ユーザーにアプローチする必要があります!

そこで今回は、Amazonで売上アップの重要なポイントをわかりやすく解説していくのでぜひ参考にしてください!

 

なお、弊社(株式会社そばに)はこれまでに、ダンボール製造企業様をAmazonでは全く市場が無かった商品ですが、3ヶ月で月商350万円達成した実績もあり、そういった知見を基に解説していきます!

ぜひ最後までご覧ください!
(今回は売上アップのポイントについてお話するので、詳細や設定方法などは都度貼ってあるリンクからご確認ください。)

Amazonでは集客と購買転換率向上が売上アップに必要不可欠

まず当然ですが、Amazonで売上をあげるには、商品をより多く買ってもらう必要があります!

そのためには、商品ページに多くのユーザーを「集客」し、その中で「購買転換率」をいかに増やすかが重要となってきます。

購買転換率とは、商品ページに訪れたユーザーの中からどれだけの人が商品を購入したかという割合です。
(200人商品ページに訪れ、40人が商品を購入した時購買転換率は20%となります。)

 

売上アップを難しく考える方が多いですが、「集客」と「転換率向上」のそれぞれのポイントをしっかりおさえることで確実に売上向上につながります!

ではこれから、それぞれの重要なポイントについて解説していきます!

Amazon売上アップに必須な集客のポイント6選

集客力をアップするために抑えるべきポイントは…
①カテゴリー選定
②検索キーワード
③メイン画像
④primeマーク
⑤SEO
⑥Amazon広告
と6つもあります。

多いと思うかもしれませんが、何一つ欠かせない重要なポイントなのです!

では、わかりやすくそれぞれのポイントを解説していきます!

①適切なカテゴリー選定で販売機会を逃さない

カテゴリーの選定をなんとなくでする出品者の方がいますが、それはダメです!

ユーザーの中にはカテゴリーの一覧から商品を探す人もいるため、適切なカテゴリーに設定しないと露出機会の損失につながります!

 

例を挙げると、「シャンプー」を出品する際にカテゴリーを「ボディソープ」にしたとしましょう。
シャンプーを買いたいユーザーは当然「シャンプー」のカテゴリーから商品を探します。
ですが、自社の商品は「ボディソープ」のカテゴリーにあるためユーザーに見つけられることはありません。

そのため購入してもらえるチャンスを逃してしまうことになるのです!

そうならないためにも商品に合ったカテゴリーを設定するようにしましょう!
(カテゴリーについてそばにが書いた記事があるので、もっと詳しく知りたい方は以下のリンクから確認ください。)
🔗【2022年最新版】Amazonブラウズノード(カテゴリー)とは?設定・修正方法を解説!

②検索キーワードをもれなく設定する

商品を出品する際、検索キーワードを設定しなければなりません。

検索キーワードとは、出品する商品がどのキーワードで検索された時に表示されるかを設定するものです。
要するに、検索KWを「Tシャツ 無地」で設定しておくと、「Tシャツ 無地」またはそれに関連したキーワードで検索された時に商品が表示されます。

検索KWの選定方法は、ターゲットが検索しそうなキーワードと、キーワードサジェスト(検索時に出る予測変換)から商品に合うキーワードを選ぶようにしましょう!

(引用:Amazon

可能であれば、サジェストキーワードツールを使い検索されているキーワードを設定するのがいいです。
その場合、キーワードのボリュームが大きすぎると多数の競合も狙ってきてるので、ミドルまたはスモールキーワードを狙うようにしましょう!

③魅力的なメイン画像でクリックを増やす!

検索結果画面で商品を選ぶ際、一番目立つのがメイン画像です。

そのため、集客するにはこのメイン画像がより魅力的でなくてはいけません。

メイン画像は、ロゴやテキストなどで装飾が禁止されており、商品だけの白抜き画像にしなければなりません。

Amazon売上アップに必須な集客のポイント6選 メイン画像

(引用:Amazon

メイン画像のポイントとしては、「高画質で明るめの画像を使う」「商品をできるだけ大きくする」です!

現在設定しているメイン画像を見直し、必要であれば改善しましょう!

もっとメイン画像について学びたい方は以下のリンクから、そばにの記事をご確認ください!
🔗【Amazon出品者向け】最適なメイン画像とは?コンサルが徹底解説!

④FBA or マケプレプライムを利用しprimeマークを表示させる!

FBA(Fulfillment by Amazon)とは24時間365日、商品の保管や梱包、発送からクレーム対応まで行ってくれるサービスです。

FBAを使うことによってAmazonが注文が入り次第「梱包」から「出荷」までを、日本中にあるFBA倉庫で行いすぐに届けてくれます。

そして、FBAを利用するとprimeマークが商品検索結果画面につきます。

④FBA or マケプレプライムを利用しprimeマークを表示させる!

Amazonでは、primeマークがついていなかったら購入しないというユーザーも増えているため、primeマークはとても重要です!

 

FBAを利用したくないけどprimeマークはほしいなぁ…

そんな人はAmazon マケプレプライムを使いましょう!

Amazon マケプレプライムでは商品の発送スピードなど一定の条件をクリアすることで、FBAを利用しなくてもprimeマークをつけることができます!

FBAの手数料を払いたくない!という方は条件をクリアし、マケプレプライムに登録しましょう!
(※マケプレプライムの条件や活用方法は以下のリンクから!)
🔗Amazonマケプレプライムとは?メリット・デメリットを解説します。

⑤SEOで上位表示を狙う!

Amazonで売上アップする際、検索結果画面で上位をとること(SEO)が非常に大事になってきます。
それを裏付けるものとして、

  • Amazonにおけるユーザーの70%以上は2ページ目以降を見ない
  • 65%の人が最初から3つの商品をクリックする

というデータがあるので、いかに1ページ目で上位表示されるのが大事か理解できるはずです。

 

SEOの対策の一つとして、商品タイトルが挙げられます。

商品タイトルでは、クリックしたくなるような、商品に関連するようなタイトルをつけることでSEO上位表示できる可能性が上がります!

 

商品タイトルやSEOの上位表示の解説に関しては、そばにが書いた記事に詳しく書かれているのでぜひご覧ください!
🔗【2022最新版】AmazonのSEO対策!検索上位表示で売上を増加させる!

⑥広告を使いさらなる売上増加!

売上が伸びていない方はまず、Amazonスポンサープロダクト広告を活用しましょう!
(スポンサープロダクト広告を詳しく知りたい方は下記のリンクへ!)
🔗Amazonスポンサープロダクト広告とは?運用方法やその効果の指標についてまとめます。

 

理由として、購入数やレビュー数が多い競合商品があるとそちらが優先的に検索結果の上位に表示され、売れていない商品は競合商品に埋もれてしまうからです。

スポンサープロダクト広告を使うことで検索結果画面に表示され露出機会を増やし、購入数増加が見込めます!
Amazonスポンサーブランド広告とスポンサーディスプレイ広告はある程度売上がたってからにしましょう。

 

そして、Amazonのシステムとして、一定期間内で売れている商品を検索結果画面の上位に表示させるというものがあります。

そのため、

広告を出稿して売上をアップ
 ↓
検索結果上位に表示させることでさらに売上アップ
 ↓
売上アップし続けることで検索結果上位に居続ける

という好循環が生まれます。

 

ただし、広告は当然ながら出稿するのに広告費が発生します。

そのため、この記事のすべてのポイントを押さえ、万全の状態にしてから最後に広告を出稿するようにしましょう。

Amazon売上アップに必須な転換率アップのポイント5選

では、次に転換率アップの大事なポイントを解説していきたいと思います。

転換率は、上記の集客方法で検索結果画面から商品ページまで来たユーザーに、商品の魅力を存分に伝え「買いたい!」と思わせることで向上させることができます。

これから紹介する4つのポイントは、一つも欠かさずに設定するようにしましょう!

①サブ画像で商品の魅力を訴求!

上記のメイン画像とは違い、サブ画像は転換率のアップに繋がります。

なぜかというと、サブ画像は商品ページでしか見れないからです!

しかし、メイン画像と違いロゴやテキストなどで装飾できるのでより商品の魅力をさらに伝えられます

 

サブ画像はできるだけマイクロコピーで作るようにしましょう!

マイクロコピーとは、一目見ただけで画像の内容が伝わることです。
(下画像参照)

(引用:Amazon

こちらのように、短い文章大きい文字で一目見ただけで、訴求が伝わるようなわかりやすい画像を作るようにしましょう!

 

そして、画像のサイズは1600ピクセル以上にしましょう!
そうすることで、画像にカーソルを合わせると拡大できる、ズーム機能が使えるようになります。
(1000ピクセル以上あれば使用可能ですが、1600ピクセル以上が理想とされています。)

実際に手にとれないネットショッピングなので、ズームできるかできないかで大きく差がでます!

画像サイズまでこだわり抜け目がないようにしましょう!

②商品紹介コンテンツの充実で転換率をあげる。

もう一つ商品ページで商品の魅力を伝える手段として、商品紹介コンテンツがあります!

商品紹介コンテンツは商品画像と違い、モジュールと呼ばれる画像とテキストの組み合わせによって商品ページ下部を比較的自由に装飾できます!(下画像参照)

②商品紹介コンテンツの充実で転換率をあげる。

以上のように、おしゃれでしっかり商品の訴求をしている商品紹介コンテンツにすることで、ユーザーはさらに魅力を感じ転換率が上がります!

 

モジュールや画像とテキストを駆使し、商品ページの訴求ポイントを増やしましょう!
(※商品紹介コンテンツに関する記事のリンクを貼っておくので確認しましょう!)
🔗商品紹介コンテンツとは?作成方法・メリデメご紹介!

③商品説明文も忘れずに記入しましょう!

商品ページの中には、商品説明文もあります!

商品説明文は、商品紹介コンテンツなどと異なりテキストだけしか使用できません。

なので、以下の画像のように正直あまり目立ちません。

Amazon売上アップのポイント 商品説明文

ですが、商品を探す際に商品説明文を確認している人はいるので、設定しないのはもったいないです!

テキストだけでも十分に商品の魅力や効果などを伝えられるので、ぬかりなく記入するようにしましょう!

④カートボックス獲得で70%を獲得!

70%ってなんのこと?

と思ったかもしれませんが、これはユーザーがカートボックスから商品を購入する割合が70%ということです!

70%とはとても高い割合であり、カートボックス獲得の重要性が理解できると思います。

 

そもそもカートボックスとは、商品ページにある「カートに入れる」ボタンのことです!(下画像参照)

カートボックスを獲得していないと、以下の画像のように「他の出品者」というボタンをクリックしてはじめてユーザーに表示されます。

④カートボックス取得で70%を獲得!画像1

 

④カートボックス取得で70%を獲得!画像2

カートボックスを獲得してないと、ここまでしないと見つけてもらえないのでカートボックス獲得は売上アップに欠かせません!

カートボックス獲得の詳細は、以下のリンクからそばにの記事をご確認ください!
🔗Amazonカートボックス獲得の4つの要素を大公開!

⑤レビュー数と高評価をあげて信頼性をゲット!

カスタマーレビューは、ユーザーが商品を選ぶ際に必ずといっていいほど見る大事な項目です。

評価が高くレビュー数が多い商品はユーザーの安心材料となり、さらなる売上につながります!

逆に、レビュー数がほとんどなかったり、総合評価が低いとクリックされてもすぐにブラウザバックする傾向が多いため、レビューへの対策はしっかり行いましょう!

 

レビュー数を増やすには、レビュー依頼メールを送ることが効果的です!
注意点として、高評価レビューの催促や、レビューに対する報酬を渡すことはガイドラインで禁止されています。

もし破るとアカウントバンになる危険性もあるので、絶対にしないでください!

ただし、Amazon Vineに関しては無料でサンプル品を送り、レビューを書いてもらうことが許可されています!

 

Amazon Vineは、Amazonが選んだカスタマーに無料サンプルや予約商品などを送り、レビューを書いてもらうサービスです。

選ばれたカスタマーは、これまでにさまざまな商品に対してレビューを行い、招待条件をクリアしているユーザーです。
そのため、商品を利用した際の真剣なレビューを獲得できるので、いたずらに適当なレビューされる心配はありません!

 

参加条件も厳しくなく、無料で利用できるのでできるだけ利用するようにしましょう!
(※詳しい内容や条件は以下のリンクから、そばにの記事で説明しているので見てください!)
🔗Amazon VINEの効果的な使用方法とは?内容や条件まで解説!

そばにのアカウント運用代行なら、すべてを丸投げすることが可能です!

Amazonでの売上を上げる方法としては、Amazon物販のプロにアカウント運用を代行してもらう方法もあります。

もし、手間を削減して効率的に収益アップをしたいなら、そばにアカウント運用代行がおすすめです。

この記事では、Amazon物販における集客売上アップのポイントをご紹介しました。

Amazonで売上アップを図るためには、この記事でご紹介した施策を戦略的に組み合わせ実行することが大切です。

しかし当然ながら、そのためにはリサーチ分析といったデータ収集を行い、最適なプランを立てる必要があります。

そのため、Amazon運用に十分な時間を作れないという方にとっては、売上アップまでのスピードが遅くなってしまうのが難点です。

売上アップまでのタイミングを少しでも早めたい
効率的に売上アップにつなげたい

もしこのようにお考えでしたら、そばにのアカウント運用代行も選択肢の一つとしてご検討ください。

そばにのアカウント運用代行

そばにのアカウント運用代行では、以下のメニューを提供しています。

Amazon運用代行とは?Amazonのプロにすべてお任せできます

上記の画像が見にくい場合は、以下の表でご確認ください。

アカウント運用代行メニュー

SEO最適化

  • データ分析
  • KW選定
    (キーワード)
  • SEO対策

CRM戦略

  • LTV最適化
  • 定期便
  • クロスセル
  • リピート購入対策

商品カタログ最適化

  • A+コンテンツ作成
  • モバイル対応
  • ABテスト
  • CVR改善

広告運用

  • モール内広告
  • アクセエス解析

ブランディング

  • 販売屋対策
  • レビュー対策
  • 画像最適化

物流支援

  • 輸送費、保管費、物流加工費の改善案
  • 外部パートナー企業紹介

サポート

  • Webミーティング(月1回)
  • チャット、メール、電話等でのサポート
  • 新商品開発アドバイス

その他

  • 競合他社調査
  • カスタマーサポート
    (購入者に対して)

そばにのアカウント運用代行では、出品〜販売〜販売後のカスタマーサポートまで、Amazon物販にかかる作業のほとんどを丸投げできます。

そのため、他の業務がある方は、ご自身の業務に集中しながらAmazonでの売上を上げることが可能です。

8ヶ月で月商約964万円(175.59%UP)達成!

実際に弊社のクライアント様では、1年で大幅な売上アップを達成したケースが多数あります。

例えば、とあるクライアント様の場合、8ヶ月で約964万円の売上を達成しました。

8ヶ月で売上175.59%UP

こちらのクライアント様においては、Amazon内だけでなく外部からの集客を実現するためInstagramを活用した集客活動も実施。

Instagramの登録者数は、コンサル開始当初の45人から3ヶ月で9762人まで増え、大幅な売上アップにつながりました。

このように弊社では、クライアント様に最適な戦略を提案させていただくことで、比較的短い期間での売上アップを実現しています。

「Amazonでの売上の上げ方がわからない」
「今よりも大幅な売上アップを実現したい」

もしこのような悩みを抱えていましたら、一度そばににご相談ください。

現在そばにでは、Amazon物販関連の無料相談を承っております。

◆お電話・WEBからのお問い合わせはこちら

Amazon専門の運用スペシャリストによる売上UPをご希望の企業様はお気軽にご相談ください。
コンサルティング・運用代行・広告運用のサービスや事例に関する質問/相談はこちら↓

※設定や手続きなどのご不明点はこちらからテクニカルサポートにお問い合わせください。
 ※お電話からのお問い合わせは初めに一次受付にてご対応となります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

Amazonでの売上をアップさせるためには、集客と売上アップそれぞれの施策を、戦略的に組み合わせることが重要です。

もし売上アップできずに悩まれているなら、ぜひこちらの記事で効果的な施策をチェックしていただき、実行に移してみてください。

なお、そばにではLINE公式アカウントにてAmazonでの売上アップを最短で実現するための戦略ノウハウを発信しています。

「Amazonでの売上を今よりも上げたい」
「Amazonでの戦略についてもっと知りたい」

このようにお考えなら、ぜひ下記バナーより友だち追加してください。

QRコード

監修者紹介

若月 菫

取締役

株式会社 そばに 取締役。
東京都板橋区出身。学生起業でAmazonから越境ECに渡り多角的なモールで自社商品を取り扱い、Amazonのみの売上は1.6億円。
販売事業者として実績を積んだ知識を基にECコンサルティングへと参入。
主にフロントコンサル業務を担当。もともと広告代理店に3年程従事し、化粧品や健康食品系を主とした広告戦略の立案から作成までの知見を活かし、Amazon広告以外にも、Youtuber施策・インフルエンサーマーケティングなどの知識も含めての販売戦略のノウハウで支援を行う。

人気記事

What is Sobani

Amazon通販支援数が
600社以上という圧倒的な
実績経験があります。

オリジナル商品の販売に特化
しており、特定マーケットで
シェアNO.1を多数創出しています。

自社でECのシステム開発を行うベンダーでもあり
より戦略的なコンサルティングが可能です。

アマゾン ジャパン合同会社様
共同セミナーを開催しています。

Amazonコンサルティング
専門企業
でECコンサルタントは、
現役or元Amazonセラーで
構成された実力派集団です。

Recommend関連記事

2023年6月4日

Amazon売上UP

Amazonの広告費用の目安・相場を解説!効果的な運用のコツもご紹介

「Amazon広告費の目安・相場を知りたい!」 「できる限り費用を抑えて、効果的に運用したい!」 このようにお考えではないでしょうか?   こんにちは!Amazon専門コンサルテ……

2023年7月6日

Amazon売上UP

Amazon 検索アルゴリズムを理解しSEOを攻略!上位表示の方法も解説!

「Amazonの検索アルゴリズムってどんな内容?」 「Amazon検索で上位表示を獲得して売上をアップさせたい!」 こんな悩みを抱えていませんか?   こんにちは!Amazon専……

2023年7月8日

Amazon売上UP

Amazonの検索順位チェックツール5選!検索上位の獲得方法も解説

「SEO対策を行なったけど、検索順位をチェックする手段が分からない!」 「簡単に確認できる方法があれば教えてほしい!」 こんな悩みを抱えていませんか?   こんにちは!Amazon専……