ECモールとは?種類や特徴、出店可能なモール型EC一覧を比較して解説!

EC

初心者必見?!ECモールとは?種類、特徴を徹底解説

こんにちは!Amazon専門コンサル会社株式会社そばにです!

今回は、ネット販売には欠かせないECモール(モール型EC)について解説していきます!

製品をECモールに出品したいけどよくわからない
最適なECサイトを選択したい

このような方は多いのではないでしょうか?

近年、実店舗ではなくネットショップで製品を販売するのが主流になっております。

今後、さらにEC市場は拡大していくことが予想されており、製品の販売にはECモールが不可欠です!

この記事ではその

  • ECモールの概要や種類
  • ECモールを代表するAmazonなどに出品するメリット・デメリット

などを詳しく解説していきます!

なお、我々株式会社そばには、実績が認められAmazonジャパン合同会社様と共同セミナーを複数実施しており、確かな実績からの知見を基に解説していくのでぜひご参考にしてください。

ECモール(モール型EC)とは?

ECモールとは、オンライン上に多数のブランドやショップが出店するショッピングモールです。

ECシステムで管理された既存のサイト内にて、多種多様な商品の販売・購入が可能です!

これらは、すでに構築されたプラットフォーム上で販売ができるため、出品者は集客にかかる時間と労力をカットできます!

代表的なECモールとては、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング、ZOZOTOWNなどが挙げられます。

またECサイトは、これらの代表的なモール型EC自社ECサイトとの2種類があります!

 

自社ECサイトとは、主に自社の商品のみを販売するのが一般的です。

既存のECモールに出品する場合とは異なり、自社ECを行う際は独自ドメインの取得やサーバーの準備ツールの利用料など時間、労力、初期費用がかかります。

それだけではなく、始めたてのサイトは上位表示されにくく知名度もないため、マーケティングに取り組まなければなりません。

ネット販売事業を独自で始める際は、既に周知されているAmazonや楽天などのECモールを利用し、自社商品が拡大した後に自社ECサイトの制作・構築を検討するのはいかがでしょうか。

ECモール(モール型EC)の種類は?

代表的なECモールは、カタログ型(マーケットプレイス型)モール型(テナント型)に分類されます。

ECモールで集客し売上げを拡大するには、それぞれの特徴を理解することが重要です。

この項目では、カタログ型とモール型ECについてそれぞれ解説します。

カタログ型(マーケットプレイス型)

カタログ型はマーケットプレイス型とも呼ばれ、ブランドや店舗が出店するのではなく、商品の出品のみ行うECモールです。

カタログ型を代表するECモールにAmazonが挙げられるように、商品販売を気軽に始められる便利なシステムとシンプルさが魅力です。

サイトデザインやブランドなどが運営者によって管理されているため、出品者は難しいショップページを作成することなく、商品の出品と販売時の配送を集中して行えます。

一方、独自性には欠けるとお思いになる出品者もいらっしゃることでしょう。

ただし、出品商品が増える度に運営要素は増大するため、手が掛かることは間違いありません。

モール型(テナント型)

モール型は、多数の企業や店舗が集合したオンライン上のショッピングモールで、実際に店舗を構えて運営するためテナント型とも呼ばれます。

楽天市場やYahoo!ショッピングはモール型に分類されます。

カタログ型とは異なりデザインや機能が多彩なため、店舗独自の特徴を出しやすいのが魅力です。

モール型ECを利用すれば、実際のテナントスペースを借りて店舗運営するのと同様に運用が行えます。

出店する際には出店費用のほか、販売手数料、キャンペーン参加費などが生じることもあります。

モール型は、オリジナリティのある店舗を出店したいという方におすすめです。

Amazonに出品するメリット・デメリット

カタログ型ECモール・Amazonには、数多くの出品者とユーザーが介在しているため、これからECサイトで販売を始めようとしている企業、またはすでにECサイトを運用している企業においても導入の価値があります。

そのAmazonに出品するメリット・デメリットについてそれぞれ解説します。

メリット

Amazonに出品するメリットは以下の4点が挙げられます。

  1. 簡単に出品できる
  2. 集客力が高い
  3. コストカットできる
  4. 業務効率化できる

1.簡単に出品できる

他のECモールと比較すると、Amazonは出品にかかる手間があまりかからずスムーズに商品を販売できます。

運営者によって構築された既存のシステムに登録するだけですぐに商品が販売できるため、自社店舗のショッピングページを作る手間を省けるからです。

通常、ショッピングページを作成するには全問的な知識が必要になり、時間や人件費がかかります。

一方Amazonでは、店舗を持つ必要がないため、簡単に商品のみを出品できるのです。

Amazonでは、原則、1つの商品に対し1ページしか存在しません。

すでに同じ商品が販売されている場合、相乗り出品としてページを共有して販売します。

2.集客力が高い

Amazonには一定数コアなファンがついているため、高い集客力が期待できます。

Amazonの有料会員プログラムであるAmazonプライムの会員数は、全世界で2億人を超えるといわれています。

実際、Amazonプライム会員の場合、商品を注文した当日〜翌日に荷物が届く配送スピードの速さは魅力です。

商品のラインナップセキュリティ面においても安心できるため、転換率も高い傾向があります。

まず、商品を知ってもらうには、Amazonを利用してみてはいかがでしょうか。

3.コストカットできる

Amazonで出品することにより、初期費用や月額固定費などの費用が抑えられます。

Amazonには大口出品小口出品があり、小口出品であれば月額固定費が無料です。

商品販売時は基本成約料販売手数料が発生しますが、売上があまりないはじめの方はそこまでかからないと思うので初期費用はあまりかかりません。

ある程度の販売件数を見越している企業や事業者は大口出品、手軽に始めたい人は小口出品を利用してはいかがでしょうか。

大口・小口出品は出品者によって最適な方を選ぶ必要があるので、以下のリンクの記事でしっかり理解し判断しましょう!
🔗Amazonの大口出品と小口出品の違いとは?

4.業務効率化できる

AmazonのFBA(Fulfillment by Amazon)を利用すれば、業務が効率化できます。

FBAでは、商品の在庫管理発送顧客管理に至るまでの業務をAmazonが代行してくれます。

もちろん利用する際に手数料がかかりますが、発送作業をしないという点で大きな効率化が図れます!

また、Amazon倉庫に商品を梱包し納品しないといけませんが、受注後の業務は一括して行ってもらえるため、販売に集中して従事することができるでしょう。

デメリット

Amazonにはメリットがある一方、デメリットも存在します。

デメリットについては次の4点について解説します。

  1. 競合相手が多い
  2. 差別化が難しい
  3. 商品登録ではさまざまな制限が設けられている

1.競合相手が多い

Amazonには多数の競合他社が存在するとともに、Amazon自体が競合相手になってしまいます。

同一商品に対して多数の出品があることに加え、信頼度の高いAmazon自体も出品している商品もあり、他社と差をつけることが難しいです。

どの商品を出品するかにもよりますが、すでに同じような商品が売れている状態なら差別化を工夫しなければいけません。

そのため商品自体が閲覧されることが多くても、売り上げに繋がらないということが一つの課題でしょう。

2.差別化が難しい

商品ページでオリジナリティをアピールできないため、他の出品者との差別化が難しいでしょう。

カタログ型のECモールに分類されるAmazonでは店舗出店というシステムはないため、店舗独自のファンがつきにくく、比較的リピーターの獲得が難しいです。

商品を差別化するため、価格を下げる出品者が増加することで、結果的に価格戦争になることも少なくありません。

対策としては、広告をかけ上位表示してもらうシステムがありますが、広告費用がかかるため販促費を出せない出品者は厳しいです。

ただし、商品ページのオリジナリティを出しにくいとはいえ、商品画像や商品説明などで差別化することはできます!

具体的なやり方は、以下のリンクに詳しく記載しているのでぜひご参考にしてください!

🔗【今日からできる!】Amazon 売上アップのポイント完全版!

3.商品登録ではさまざまな制限が設けられている

Amazonで未だ出品されていない商品を登録する場合、通常より手間がかかります。

画像商品名、商品のサムネイル画像などに一定の条件が設けられているためです。

商品タイトルについても厳しい制限があるなど、従わなければ出品情報の不備という扱いになり登録できません。

出品する際は、類似した出品商品を参考に、条件に沿って登録しましょう。

ECモール

日本国内においてもっとも利用されているECモールは、楽天市場、Amazon、Yahooショッピング、ZOZOTOWN、auPAYマーケットです。

では、それぞれの特徴やおすすめポイントについて紹介します。

楽天市場

楽天市場

(引用:楽天市場

楽天市場のサービスの国内の月間利用者数は5,000万人を超えているため、出品者にとっては集客するチャンスのあるECモールだといえるでしょう。

モール型ECであるため、出品者はそれぞれストアを展開して販売する形態です。

Amazonと違い商品画像やストアを自由に設定でき、ユーザーに訴求したいポイントを的確に伝えることができます!

ただし、自由に設定できる代わりにしっかりと魅力的なストアや商品ページを作らないと競合に負けてしまうので、他社に負けないぐらい作り込む必要があります。

そして、もう一つ気をつけなければならないのが費用面です。

楽天ではスタンダートプランの場合、新規出店する際に「初期登録費用:6万円」と「月額出店料(6ヶ月分):30万円」の計36万円もかかってきます。
(最安値のプランであるがんばれ!プランでも30万円かかります。)

さらに、販売手数料や楽天ポイント分の料金、広告費などかかるためはじめから資金がないと出店はおすすめできません。

 

ある程度、他のECサイトで売上を伸ばせることができ、余裕が出てきた方は楽天に出品してもいいと思います!

Amazon

②Amazon

(引用:Amazon

言わずと知れた世界最大のECモールで、日本国内においては楽天の次の流通総額を誇るといわれております。

Amazonは出店ではなく出品というシンプルな形式を採用しているため、店舗の特色を打ち出したアピールは叶いません。

そのため、個別のファンやリピーターを増やすことは難しいと考えられていますが、簡単な出品やFBAによる業務効率化ができるため、これからECモールで出品をお考えのブランド、企業、店舗におすすめです。

また、初期費用や固定費用も比較的安価なことに加え、集客力は抜群です。

既に、自社ECサイトをお持ちのブランドや企業、店舗事業者もAmazonに出品することで集客力を高めてみてはいかがでしょうか。

(※楽天とAmazonを徹底比較した記事を以下のリンクに貼っておくのでぜひご確認ください!)
🔗【EC販売】Amazonと楽天出品するならどっち?徹底比較!

ヤフーショッピング

ヤフーショッピングはYahoo! JAPANからの流入による集客力が期待できるECモールです。

それだけでなく、初期費用や月額システム利用料が無料という出品者にとって大きなメリットがあります。

ヤフーショッピングに出店している店舗には、Amazonや楽天市場と併用している事業者が多くみられます。

費用をかけず集客、または商品をアピールする際におすすめです。

ZOZOTOWN

④ZOZOTOWN

(引用:ZOZOTOWN

アパレル商品を中心に扱っているECモールです。

さまざまなブランドの取り扱いだけでなく、プライベートブランドZOZOでは、スーツやコスメなども注目を集めています。

Yahoo! JAPANによって買収された流れでPayPayモールにZOZOTOWNが出店したことにより、ますますECモールの流通量の拡大が期待されます。

auPAYマーケット

⑤auPAYマーケット

(引用:auPAYマーケット

KDDIグループとauコマース&ライフが共同で提供しています。

ファッションや家電、日用品、コスメ、グルメなどを取り扱っており、イベントによりポイント還元率が高くなるなどの特徴があります。

今後の市場の拡大に備えて、出品者は登録してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ECモールを利用することで大幅な売上をアップが期待できます!

いままで商品の売上に苦しんでいた方や、これからECモールを利用する方はこの記事をしっかり読んだ上でぜひECモールをご利用ください。

ただ、ECモールを登録する時間がなかったり少し登録が難しいと思う方もいらっしゃると思います。

そんな時は我々そばにに一度お問い合わせください!

そばには、食品卸売企業様をコンサルさせていただき、3年で月商5,000万!
伸び率2400%達成した実績があります!

お問い合わせしていただければ、確かな実績であなた様の売上アップに貢献できます!

ぜひ一度お気軽にお問い合わせください!

◆お電話・WEBからのお問い合わせはこちら

Amazon専門の運用スペシャリストによる売上UPをご希望の企業様はお気軽にご相談ください。
コンサルティング・運用代行・広告運用のサービスや事例に関する質問/相談はこちら↓

※設定や手続きなどのご不明点はこちらからテクニカルサポートにお問い合わせください。
 ※お電話からのお問い合わせは初めに一次受付にてご対応となります。

監修者紹介

若月 菫

取締役

株式会社 そばに 取締役。
東京都板橋区出身。学生起業でAmazonから越境ECに渡り多角的なモールで自社商品を取り扱い、Amazonのみの売上は1.6億円。
販売事業者として実績を積んだ知識を基にECコンサルティングへと参入。
主にフロントコンサル業務を担当。もともと広告代理店に3年程従事し、化粧品や健康食品系を主とした広告戦略の立案から作成までの知見を活かし、Amazon広告以外にも、Youtuber施策・インフルエンサーマーケティングなどの知識も含めての販売戦略のノウハウで支援を行う。

人気記事

What is Sobani

Amazon通販支援数が
600社以上という圧倒的な
実績経験があります。

オリジナル商品の販売に特化
しており、特定マーケットで
シェアNO.1を多数創出しています。

自社でECのシステム開発を行うベンダーでもあり
より戦略的なコンサルティングが可能です。

アマゾン ジャパン合同会社様
共同セミナーを開催しています。

Amazonコンサルティング
専門企業
でECコンサルタントは、
現役or元Amazonセラーで
構成された実力派集団です。

Recommend関連記事

2022年5月31日

EC

【2022年版】中国のEC市場をチェック!情勢や参入方法を解説!

越境ECを始めるとき、候補地としてよく上がるのが中国です。   中国の人口は14億人を超え、世界最大のEC市場となります。 日本から距離も近く地理的には良いのですが、中国の「EC市場の……

2022年5月23日

EC

【徹底解説】アメリカのDtoC(D2C)事情は?成功事例・日本との違い

近年盛り上がりを見せる、DtoC(ディートゥーシー)というビジネスモデル。 D2Cという表記も馴染みがあるのでは無いでしょうか。 本記事ではそのD2Cが、アメリカにおいてどのような特徴や成功事例が……

2022年6月30日

EC

D2Cで成功するためのマーケティング戦略&抑えるべきポイントとは?

D2Cは販売者と購入者の距離が近いことも特徴の一つです。 さらに従来のビジネスモデル「BtoB」「BtoC」とは異なり、D2Cでは「どのように取引をするか」「どのようにサービスを届けるか」に重点を置……