Amazonの大口出品と小口出品の違いとは?

Amazon用語

Amazonの大口出品と小口出品の違いとは?

Amazonで出品するときは、「大口出品」と「小口出品」のどちらかを選ぶ必要があります。

それぞれメリット・デメリットがあり、出品スタイルに合わせて選ぶことが大切です。

適していない出品形態を選ぶと、コストが割高になる可能性もあります。

そこでこの記事では、

  • 大口出品、小口出品の概要
  • 大口出品の詳細
  • 小口出品の詳細
  • どちらを選ぶべきか

について解説します。

記事中「大口出品」と「小口出品」の比較表もあるので、ぜひ参考にしてください。

大口出品・小口出品の概要は?

Amazonで出品用アカウント(セラーアカウント)を作るときは、「大口出品」と「小口出品」のどちらかを選びます。

どちらを選ぶかによって、毎月かかるコストや出品の機能が異なります

後ほど詳しく紹介しますが、とりあえず覚えてほしいのは

  • 大口出品:出品する商品が多い方向け
  • 小口出品:出品する商品が少ない方向け

です。

それでは詳しく紹介していきましょう!

そもそもAmazonの大口出品とは?

大口出品を利用すると、毎月「4,900円(税別)」がかかります

一見高くも感じますが、商品の出品数や販売量にかかわらず毎月同じ金額です。
さらにAmazonで出品するときに使える機能も豊富です。

下記から、大口出品のメリットを詳しく紹介します。

大口出品を利用するメリット

Amazonアソシエイト メリット

  • 基本成約料がかからない
  • 在庫ファイルで商品登録ができる
  • 出品レポートの取得ができる
  • 新規出品ができる
  • 配送料の設定ができる
  • カートボックスを獲得できる
基本成約料がかからない

大口出品の場合「基本成約料」がかかりません。

後述する小口出品の場合、商品が1つ売れるたびに100円の基本成約料がかかります

つまり大口出品で1,000個の商品を販売しても、月にかかるコストは「4,900円(税別)」の固定です。

在庫ファイルで商品登録ができる

大口出品は在庫ファイルを利用し、一括で商品登録できるメリットもあります。

というのはAmazonで出品する場合、商品の価格等を登録する必要があるためです。

出品する商品が2〜3点なら一つずつ登録しても労力はほぼかかりません。
しかし30点以上ある商品の登録をするのは大変です。

そこで活躍するのが在庫ファイルで、下記7つの項目を一括で入力することができます

登録できる項目 詳細
出品者SKU 出品者が商品に設定する「商品固有の識別コード」
コンディション 商品の状態(例:新品・再生品等)
商品画像 商品の画像
販売価格 商品を販売する価格
ポイント 商品のポイント
在庫 在庫数
リードタイム 出品者から配送業者へ届ける日数

上記7項目は、出品するときに必ず入力する項目です。

大口出品ならば「在庫ファイル」が利用可能なので、商品数が多く作業効率を上げたい方にオススメです。

出品レポートの取得ができる

大口出品の場合、アクセス数や購買率等のレポートを見ることができます

細かいデータを確認できるので、分析し、売上アップの施策材料にもなります。

さらにFBA関連のレポートもあり、出品者が見たいデータをダウンロードも可能です。

新規出品ができる

Amazonでまだ販売されていない商品を販売することもできます。

後述する小口出品だと販売ができず、基本的に「相乗り出品」です

そのため自社で開発したオリジナル商品を販売する場合は、大口出品を選ぶ方が良いでしょう。

関連記事:【徹底解説】Amazonで相乗り出品された際の対策とは?

配送料の設定ができる

商品それぞれに独自の配送設定ができます。

Amazonの配送には、

  • 重量課金制:「配送1件ごと」+「重量(1kg)」の金額
  • 商品個数制:「配送1件ごと」+「商品1点ごと」の金額
  • 購入金額制:「購入金額」に応じて変動

上記3つの配送金額の方式があります。

大口出品の場合、出品している商品ごとに、上記3つの配送方式を設定することが可能です。さらに「お届け日時指定」の設定もできます。

お届け日時指定が設定できればユーザー満足度も上がりやすく、プラスの影響にもなりやすいです。

カートボックスを獲得できる

カートボックスを獲得できるのは「大口出品」だけです

カートボックスとは、Amazon商品ページでよく見る「カートに入れる」ボタンを指します。


たとえば同じ商品を10人が販売しても、カートボックスを獲得できるのはその中の1人だけです。

カートボックスを獲得していると、ほとんどのユーザーはそちらから商品を購入します。
そのため「カートボックスを獲得」することは、Amazonでビジネスをするなら大事です。

カートボックスを獲得する条件は公開されていませんが、

  • 他の出品者と比べて販売価格・配送が高水準
  • カスタマーサービスが高水準
  • 在庫切れがない

上記3つの条件をクリアした上で、Amazonが自動的にカートボックスを振り分けています。

Amazonはユーザーファーストを目指す企業です。
そのためユーザーがベストな買い物をできる出品者が、カートボックスを獲得できる可能性は高くなります。

そもそもAmazonの小口出品とは?

小口出品は商品が1つ売れるごとに「基本成約料」が100円かかります

たとえば月に商品を10個販売するなら1,000円(10個×100円)の基本成約料です。

そのため小規模に商品を出品する方にオススメです。

ただ、大口出品で利用できた「在庫ファイル」「レポート」「新規出品」「配送設定」「カートボックスの獲得」は利用・設定ができません

さらに、下記の商品は小口出品では出品許可申請の提出も不可です。

  • 時計
  • ヘルス&ビューティー
  • アパレル、シューズ、バック
  • コスメ
  • ジュエリー
  • 食品&飲料
  • ペット用品

上記のとおり、小口出品は多くの販売・機能が制限されます。

もし本格的にAmazonでビジネスをしたい方や、たくさんの商品を販売するなら「大口出品」がオススメです。

大口出品と小口出品の違い!

大口出品と小口出品の違いについて表でまとめるので、参考にしてください。

大口出品 小口出品
月額登録料 4,900円(税別)
基本成約料 100円(1商品ごと)
レポート 閲覧できる 閲覧できない
在庫ファイルの商品登録 できる できない
配送設定/お届け日時指定 設定できる 設定できない
新規出品 できる できない
カートボックス 獲得できる 獲得できない
カテゴリー制限 なし あり
提供する決済方法 計8種類 計5種類
利用できるオプション FBA
マケプレプライム
広告サービス
FBA

「提供できる決済方法」についてですが、大口出品では下記の決済方法をユーザーへ提供できます。

  • クレジットカード
  • Amazonギフト券
  • Amazonショッピングカード
  • 請求書払い
  • 携帯決済
  • コンビニ決済
  • 代金引換
  • Edy払い

上記青文字部分は、小口出品では提供できません。

Amazon出品するなら大口・小口どっち?

最後に大口出品と小口出品のどちらが良いか、参考までに説明します。

大口出品を選ぶ方がメリットも多い方は、

  • 月に商品を50点以上販売する
  • オリジナル商品を出品したい
  • 作業効率を上げたい
  • 配送の設定をしたい

のケースです。

とくに「月に商品を50点以上販売する」ならば、大口出品がコスパ的にも良いです。

もし月に60点の商品を販売すると、

  • 大口出品:4,900円(税別)
  • 小口出品:6,000円(100円×60個)

となり、大口出品の方がお得です。

さらに機能も充実するので、大口出品が良いでしょう。

一方小口出品ならば、

  • 月に商品を49点以下販売する
  • お試しでAmazonへ出品したい
  • 自社商品がない
  • 出品予定商品がカテゴリー制限ではない

という方は、小口出品を検討しても良いでしょう。

「どれくらい売れるか分からないからいきなり大口はちょっと…」という方は小口出品を選択し、後日大口出品へ変更することも可能です。

ただ小口出品を選択した場合、想定以上に商品が売れると「基本成約料」が高くなるので注意してください

まとめ

まとめ

大口出品と小口出品は、販売面・機能面が大きく異なります。

大口出品は機能も充実で、Amazonで本腰を入れてビジネスをするなら方にオススメです。

小口出品は販売商品に対して100円なのでコストはかかりませんが、想定以上に売れてしまうとコストが高くなります。

そのため選ぶときは、売れ行きを予想した上で検討することも大切です。

出品の用途に応じた出品形態を選び、売上・利益を最大化しましょう!

What is Sobani

Amazon通販支援数が
100社以上という圧倒的な
実績経験があります。

オリジナル商品の販売に特化
しており、特定マーケットで
シェアNO.1を多数創出しています。

自社でECのシステム開発を行うベンダーでもあり
より戦略的なコンサルティングが可能です。

アマゾン ジャパン合同会社様
共同セミナーを開催しています。

Amazonコンサルティング
専門企業
でECコンサルタントは、
現役or元Amazonセラーで
構成された実力派集団です。

Recommend関連記事

2022年6月23日

Amazon用語

ユニット単価(PPU)とは?設定方法からメリットまで詳しく解説!

Amazonで商品販売の登録をするとき、「ユニット単価(PPU)」という設定項目があります。 ユニット単価は、購入者のために設定する項目です。 またAmazonのルールで、ユニット単価の入力が必須……