Amazonランキングの調べ方とは?ランキングの仕組みや活用法も解説

EC

Amazonランキングの調べ方とは?ランキングの仕組みや活用法も解説

    「Amazonランキングの調べ方を知りたい!」
    「売れている商品のリサーチに役立てたい!」

    こんな悩みを抱えていませんか?

     

    こんにちは!Amazon専門コンサルティングカンパニー「株式会社そばに」コラム編集部です。

     

    商品のリサーチのために、Amazonランキングを活用する方は多いかと思います。

    確かに、Amazonの売れ筋ランキングを確認することで、売れている商品を把握することが可能です。

    ただし、ランキングばかりに注目して商品選定を行うと、本当に売れている商品を見逃してしまう恐れがあります。

     

    そこでこの記事では、Amazonランキングの調べ方について解説するとともに、Amazonランキングでリサーチする際の注意点についても解説します。

    リサーチを始める前に、まずはこちらの記事でAmazonランキングの注意点を把握しておきましょう。

     

    なお我々そばには、これまでに600社以上のコンサル実績があり、Amazonジャパン合同会社様との共同セミナーを複数開催しています。

    これまでに様々なジャンルのクライアント様の大幅な売上アップを実現してきた経験と知見をもとにお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

    Amazonランキングの調べ方

    Amazonランキングの調べ方

    では早速、Amazonランキングの調べ方について解説していきます。

    ここでは、スマホアプリPCの2つの媒体でのランキングの調べ方と併せて、Amazonのサイトでは表示されない「101位以下の商品の調べ方」もご紹介します。

    スマホアプリでの調べ方

    まずは、スマホアプリを使った調べ方を解説していきます。

    簡単にできますので、ぜひ一緒に実践してみてください。

    1.画面下部のバーガーメニューをタップ

    1.画面下部のバーガーメニューをタップ

    (引用:Amazonアプリ)

    2.ランキングをチェックしたいカテゴリをタップ

    2.ランキングをチェックしたいカテゴリをタップ

    (引用:Amazonアプリ)

    カテゴリーをタップすると、さらに詳細な項目が表示されます。

    3.「売れ筋ランキング」の[もっと見る]をタップ

    3.ランキングセクションの[もっと見る]をタップ

    (引用:Amazonアプリ)

    4.上部タブよりチェックしたいランキングを選択可能

    4.上部タブよりチェックしたいランキングを選択可能

    (引用:Amazonアプリ)

    PCでの調べ方

    続いて、PCでのAmazonランキングの調べ方について解説します。

    1.上部タブ[ランキング]をクリック

    PCでの調べ方

    (引用:Amazon

    2.調べたいランキングをクリック

    2.調べたいランキングをクリック

    (引用:Amazon

    ページ上部より、「ランキングの種類」を選択することが可能です。

    また、サイドメニューより「カテゴリー」を選択できます。

    101位以下の商品の調べ方

    ランキング101以下の商品は、センラーセントラルにて確認することが可能です。

    1.セラーセントラル>「知識と情報」>「出品大学」で検索

     

    2.[レポートとデータを活用しよう]>[週ごとの推奨商品]

    2.[レポートとデータを活用しよう]>[週ごとの推奨商品]

    [レポートとデータを活用しよう]をクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されますので、そちらから[週ごとの推奨商品]を選択してください。

    3.[週ごとの推奨商品のレポートはこちら>]をクリック

    3.[週ごとの推奨商品のレポートはこちら>]をクリック

    4.チェックしたいカテゴリーをクリック

    4.チェックしたいカテゴリーをクリック

    日本語」をクリックすると日本語版のデータをダウンロードできます。

    ダウンロードできるデータは、1,000位までの商品ランキングです。

    Amazonランキングの仕組み

    Amazonランキングの仕組み

    では、Amazonのランキングは、どのように決められているのでしょうか。

    ここでは、Amazonランキングの仕組みについてお伝えします。

    まずはランキングの種類について把握しましょう。
    Amazonのランキングには、次の種類があります。

    ランキングの種類 内容
    売れ筋ランキング 売上に基づいたランキング
    最新リリース 新着および将来リリースされる商品のランキング
    人気度ランキング 過去24時間で最も売上が増加したランキング
    ほしい物ランキング 最も多くほしい物リストに追加された商品
    人気ギフトランキング Amazonで、ギフト設定を利用して最も注文されている商品

    Amazonでは、ランキング(売れ筋ランキング)について次のように明記しています。

    Amazonランキングは、Amazonでの売上に基づいて決まります。Amazonで販売されているすべての商品の最新販売数累計販売数を反映して、1時間ごとに更新されます

    (引用:Amazon

    注目していただきたいのは、販売数を反映しているという点です。

    つまり、Amazonの売れ筋ランキングは、売上金額ではなく販売個数のデータが反映されていることを理解しておきましょう。

    そして、この販売数は、注文回数が反映されている可能性が高いです。(実際のAmazonのアルゴリズムは公表されていません)

     

    例えば、商品を10点購入する場合は、以下の2通りが考えられます。

    • 同じ人が1回の注文で10個まとめ買いする
    • 10人別の人が、それぞれ1個ずつ購入する

    この場合、売れ筋ランキングで上位に上がりやすいのは後者です。

    何をお伝えしたいのかというと、Amazonランキングで上位を獲得している商品が、必ずしもランキングの低い商品より売れている、というわけではないということです。

    Amazonランキングを活用して売上アップにつなげる施策

    Amazonランキングを活用した、売上アップにつなげる施策

    では、Amazonランキングはどのように活用できるのでしょうか?

    ここでは、Amazonランキングを売上アップに活用するためのアイディアをご紹介します。

    売れる商品を把握する

    ランキングには、直近で売れている商品が反映されます

    先ほど、ランキングを鵜呑みにすることは注意だとお伝えしましたが、ランキングを見ることで直近で売上が上がっている商品を確認することが可能です。

    ランキングが高い商品から順にチェックしていくことで、闇雲に商品を探すよりも効率的にリサーチを進められます。

    ただしランキングは、あくまで一つの目安として確認することをおすすめします。

    売れる商品ページ作りの参考にする

    二つ目は、商品ページ作りの参考にすることです。

    売上の高い商品は、商品ページが魅力的に作り込まれている可能性が高いと言えます。

    • テキストコンテンツが充実している
    • ユーザーの知りたい情報が記載されている
    • 画像が分かりやすく魅力的

    ランキング上位の商品ページの特徴を調べてみることで、売れる商品ページを作成するための参考になるでしょう。

    魅力的な商品ページの作り方についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。
    🔗【売れる】Amazon商品ページの作り方!売上につながるコツもご紹介!

    商品選定をする際にランキングだけ見るのは危険!その理由とは?

    商品選定をする際にランキングだけ見るのは危険!その理由とは?

    売れる商品をリサーチする際に、売れ筋ランキングを活用する方は少なくないでしょう。

    しかし、売れ筋ランキングだけで売れる商品だと判断するのはとても危険です。

    では、なぜランキングだけで判断するのは危険なのでしょうか。

    ここでは、その理由について解説しますので、商品選定を誤らないためにも必ずチェックするようにしてください。

    カテゴリーによってランキングは異なる

    一つ目の注意点は、カテゴリーによってランキングが異なることです。

    これは、カテゴリーによって商品登録数が違うことから生じます。

    例えば、同じ10位でも、カテゴリーによってその価値は変わってきます。

    • カテゴリー商品登録数15点中の10位
    • カテゴリー商品登録数1,000点中の10位

    このように、ランキングをチェックする際は、カテゴリー全体の母数もチェックするようにしましょう。

    ちなみに、keepaを使うとカテゴリー別商品登録数を一覧で確認できます。

    現在のランキングだけでは参考にならない

    売れ筋ランキングは、1週間ごとに頻繁に更新され、反映されるデータは直近の売り上げです。

    つまり、直近の売り上げが伸びたことで、一時的にランキングが上がった可能性も考えられます。

    ランキングをリサーチする場合は、直近の順位ではなく平均的な順位や、これまでのランキングの推移もチェックするようにしましょう。

    ライバルの数も要チェック!

    売れている商品は、ライバルが多い可能性が高いです。

    当然ながら、ライバルが多ければ売り上げを伸ばしにくくなります。

    また、Amazonのルール上「1商品1ページ」となりますので、すでに出品済みの商品と同じ商品を出品する場合は、既存の商品ページに『相乗り出品』という形で掲載されます。

    相乗り出品になると、商品ページのサイドメニューに「こちらからも購入いただけます」と小さく表示されるだけになり、売り上げを伸ばしにくくなりますので覚えておきましょう。

    相乗り出品

    (引用:Amazon

    そのため、商品自体は売れる商品であっても、ライバルが多すぎることで売上につながらない可能性も考えられます。

    Amazonで売り上げを伸ばすコツ!集客率と転換率の向上が成功のカギ!

    Amazonで売上を上げるコツ!集客率と転換率の向上が成功のカギ!

    Amazonで売り上げを伸ばすためには、売れる商品を選定する他に、次の2つの施策が必要です。

    • 集客率の向上
    • 転換率の向上

    例えば、集客率と転換率の両面に影響を与えることと言えば、相乗り出品となった際に『カートを獲得』することが挙げられます。

    カートとは、簡単にいうと、商品カタログページでトップページを獲得することです。

    Amazonでは、カートからの購入がユーザー全体の70%だというデータがあるため、カートを獲得できるかどうかは売り上げに大きく影響します。

    (※カート獲得についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事をぜひ参考にしてください。)
    🔗【2023年版】Amazonカート獲得とは?獲得率を上げる方法や確認方法を解説!

    その他には、以下のポイントが挙げられます。

    集客率向上のポイント 転換率向上のポイント
    • カテゴリー選定
    • 検索キーワード
    • メイン画像
    • primeマーク
    • SEO
    • Amazon広告
    • サブ画像
    • 商品紹介コンテンツ
    • 商品説明文
    • カートボックス獲得
    • レビュー数と高評価

    上記の具体的な施策については、そばにが提供するホワイトペーパーにまとめていますので、ぜひそちらからご確認ください。

    専門的な知識や知見が少ないなら、アカウント運用代行も効果的です

    もし、まだAmazonビジネスについて専門的な知識や知見がない方は、『アカウント運用代行』へ依頼する手もあります

    • できる限り早く売り上げに繋げたい
    • 売上を上げながらAmazonのノウハウを学びたい
    • Amazon以外に注力したい業務がある

    このような方は、ご自身でAmazon物販を行うよりも外部業者へアカウント運用を委託した方が、効率的に売り上げに繋げることができます

    (※Amazonの運用代行とは何なのか?について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください)
    🔗Amazon(アマゾン)の運用代行・コンサル・売上UPはそばに

    そばにのアカウント運用代行

    弊社でも『アカウント運用代行』サービスを提供しています。

    そばにでは、以下のメニューを組み合わせて、商品のご状況に応じた最適なプランを提案しています。

    商品カタログページの制作も対応していますので、これから出品される方は、集客と売上に強い商品カタログページを手に入れることが可能です

    また、SEO対策や広告運用など、専門的な知識や知見が必要となる集客も代行しますので、売り上げを上げるまでの期間を大幅に削減できます。

    では、具体的にアカウント運用代行を利用して、どのような結果を手に入れられるのでしょうか?

    1年以内に月商が100万円以上アップした企業様を多数輩出

    実際に弊社では、様々なジャンルの企業様で、1年以内に月商100万円以上アップを達成しています。

    例えば、カー用品を取り扱うクライアント様の場合は、約8ヶ月で月商約964万円に、前年比175.59%UPを達成しました。

    そばに 事例紹介<CASE4 カー用品>

    短期間でこれだけの売上アップに驚かれるかもしれませんが、実は売上が上がらないと悩まれている多くの場合は、Amazonで活用できる販促サービスを正しく活用できていないことが原因です。

    商品の種類や自社のご状況に応じて、戦略的に販促サービスを組み合わせることで、大幅な売上アップを達成することは十分に可能です。

    「最速最短で売上を上げたい」
    「専門的な知識がないため運用を任せたい」

    もしこのようにお考えでしたら、ぜひ一度そばににお問い合わせください。

    売上アップについて、また、アカウント運用代行についてなど、お悩みやご不明点などありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

    下記ボタンより無料でお問い合わせいただけます。

    ◆お電話・WEBからのお問い合わせはこちら

    Amazon専門の運用スペシャリストによる売上UPをご希望の企業様はお気軽にご相談ください。
    コンサルティング・運用代行・広告運用のサービスや事例に関する質問/相談はこちら↓

    ※設定や手続きなどのご不明点はこちらからテクニカルサポートにお問い合わせください。
     ※お電話からのお問い合わせは初めに一次受付にてご対応となります。

    まとめ

    まとめ

    いかがだったでしょうか。

    Amazonランキングは、商品の売れ筋を調べるために活用できるツールです。

    しかし、Amazonランキングだけを鵜呑みにしてしまうと、売上につながらない可能性が高まるので注意してください。

    商品リサーチを行う前に、まずはこちらの記事でAmazonランキングの調べ方注意点について確認しておきましょう。

     

    なお、現在そばにではLINE公式アカウントにて、Amazonでの売上アップに必要な知識ノウハウについて発信しています。

    特に、これからAmazonへ参入するという場合は、ご自身ですぐに実践できるノウハウもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

    LINE公式アカウントへは、下記のバナーより友だち追加していただけます。

    QRコード

    監修者紹介

    若月 菫

    取締役

    株式会社 そばに 取締役。
    東京都板橋区出身。学生起業でAmazonから越境ECに渡り多角的なモールで自社商品を取り扱い、Amazonのみの売上は1.6億円。
    販売事業者として実績を積んだ知識を基にECコンサルティングへと参入。
    主にフロントコンサル業務を担当。もともと広告代理店に3年程従事し、化粧品や健康食品系を主とした広告戦略の立案から作成までの知見を活かし、Amazon広告以外にも、Youtuber施策・インフルエンサーマーケティングなどの知識も含めての販売戦略のノウハウで支援を行う。

    What is Sobani

    Amazon通販支援数が
    600社以上という圧倒的な
    実績経験があります。

    オリジナル商品の販売に特化
    しており、特定マーケットで
    シェアNO.1を多数創出しています。

    自社でECのシステム開発を行うベンダーでもあり
    より戦略的なコンサルティングが可能です。

    アマゾン ジャパン合同会社様
    共同セミナーを開催しています。

    Amazonコンサルティング
    専門企業
    でECコンサルタントは、
    現役or元Amazonセラーで
    構成された実力派集団です。

    Recommend関連記事

    2022年5月31日

    EC

    【2022年版】DtoC(D2C)市場の成功事例&スキームを徹底解説

    巣ごもり需要もあり、EC市場は拡大しています。 消費者にとってAmazon・楽天でショッピングをすることが一般的になり、EC市場で売上を伸ばす企業も多いです。   EC市場で成功する多……

    2021年2月3日

    EC

    自社EC立ち上げ4選!ASP・パッケージ・オープンソース・フルスクラッチどれがオススメ?

    自社ECを立ち上げたい! と思っても、どこから始めたら良いのか…   と悩むことはないでしょうか?   モール型ECよりも自由にブランディングをしていきたいから自社ECを……

    2022年9月19日

    EC

    【転換率UPがカギ!】ECサイトで転換率を上げる方法!Amazonにおける方法まで解説!

    「転換率は大事って聞くけど、あまり意味が分からない...」 「どうやって転換率を上げるか分からない」 ECサイトでビジネスを行う中で「転換率」と言う言葉を聞いたことはあっても、よく意味が分からない……