Amazonへの出品費用・手数料はどのくらいなの?【新規出品者向け】

EC

Amazonへの出品費用・手数料はどのくらいなの?【新規出品者向け】

インターネットで日用品などを買う消費者も増え、ECサイトの取引量は年々増えています。

ECサイトへ出店を検討する事業者も比例して多くなっています。

その中でもAmazonはユーザーを多く抱えており、販売チャンスがあるECサイトの一つ。

この記事では、Amazonに出店するときの「出店費用」について解説します。

これからAmazonへ出店する方は、ぜひチェックしてください。

ちなみにAmazonへ出店するときは「セラー」「ベンダー」の2つがありますが、本記事ではセラーとして出品する場合の出店費用について紹介します。

「大口出品」or「小口出品」

Amazonでは「大口出品」「小口出品」と2つの出品方法があります

先に特徴をまとめるので、参考にしてください。

出品方法 特徴
大口出品 ・「オリジナル商品」「まだ出品されていない商品」の出品ができる
・商品名と商品画像を一から作成できる
月額登録料4,900円+販売手数料がかかる
・データ分析等のレポートが確認できる
・たくさん商品を出品する方向け
小口出品 ・Amazon内に既にある商品のみ出品可能(相乗り出品のみ)
1商品の注文ごとに100円+販売手数料がかかる
・小規模で商品を出品する方向け

それでは、もう少し詳しく見ていきましょう!

※上記表にある「販売手数料」については、後述します。

大口出品

自社のオリジナル商品、Amazon内にまだない商品を販売できるのが「大口出品」です。
もちろんすでにある商品も、出品できます。

大口出品は月額「4,900円」と固定で、注文が成立したときにかかる販売手数料がメインのコストです。

月額固定なので、毎月多数の商品を販売するのが予想できる事業者にオススメ。

理由は小口出品だと、1商品当たり100円が必ずかかるためです。
小口出品で100個売れてしまうと、10,000円(100円×100個)のコストが最低かかります

つまり4,900円固定の方がコスパも良くなります。

さらに大口出品だと、商品ページの商品名・商品画像を一から作成も可能。

本格的にAmazonへ参入する方は、大口出品を選択しましょう。

小口出品

販売する商品が少ない事業者は、小口出品がオススメです
1商品当たりに都度「100円」だけかかるので、局地的に販売をしたい事業者は小口出品を検討しましょう。

大口出品で毎月10個の商品だけ売れて、毎月4,900円の固定費用がかかると費用対効果も悪いです

ただ、大口出品に比べて機能は制限されます。

一つ目は「出品商品の制限」です。

Amazon内にすでにある商品のみ販売でき、ないものは出品できません。そのため相乗り出品を小規模でする事業者にもオススメです。

関連記事:【徹底解説】Amazonで相乗り出品された際の対策とは?

利用可能な決済方法

決済できる方法も、大口出品の方が多いです。

大口出品 ・クレジットカード
・Amazonギフト券
・Amazonショッピングカード
・請求書払い
・携帯決済
・コンビニ決済
・代引き
・Edy払い
小口出品 ・クレジットカード
・Amazonギフト券
・Amazonショッピングカード
・請求書払い
・携帯決済

利用可能なオプション

利用可能なオプションも、大口出品に軍配です。

大口出品 ・FBA
・マケプレプライム
・Amazonスポンサープロダクト
・法人販売プログラム
小口出品 ・FBAのみ

とくにAmazonへ商品の広告出稿も考えている方は、大口出品がオススメです。

Amazonの販売手数料とは?

「販売手数料」とは、出品した商品が売れたときにかかる費用です。

大口・小口出品のいずれの場合でも、販売手数料は変わりません

また、カテゴリーごとに販売手数料は変わります。たとえば、

商品 販売手数料
本・CDレコード・DVD・ビデオ 15%
AV機器・携帯電話・カメラ・パソコン(周辺機器) 8%
大型家電 8%

となります。

販売手数料は、Amazonでビジネスをするときに重要な項目です。

必ず出品する商品の販売手数料を「Amazon出品サービスの手数料」から確認してください!

販売時にかかる費用なので、出品するだけで販売手数料はかかりません

ここまでがAmazonへ出店するときにかかる費用です。

極論「50個以上の商品を毎月売り上げる」ならば、「大口出品」の方がコスパ的にも良いと言えるでしょう。

Amazon出品でよく聞く「FBA」の特徴と費用は?

(引用:Amazon

ここからは事業者の多くが利用している「FBA」の費用面について主に解説します。

まずFBAとは、Amazonが「注文処理・配送・返品対応」を代行するプログラムのことです。

出品者は商品をあらかじめAmazonの倉庫へ配送するだけで、あとはAmazonが代行します。自己配送の手間がかかりません。

もう少し詳しくFBAについて知りたい方は「Amazon新規出品者必見!FBAのメリット・デメリットとは?」もあわせて参考にしてください。

非常に便利なFBAですが、費用もかかります。

FBAを利用する費用は?

FBAを利用すると、

  • 配送代行手数料
  • 在庫保管手数料

の2つがかかります。

配送代行手数料

Amazonが出品者の代わりに「出荷・梱包・配送」業務をするため、その分の費用がかかります。

それが「配送代行手数料」で、商品の大きさ・重量・個数によってかかるお金も異なります。

下記をご覧ください。

商品区分 サイズ/重量 配送代行手数料
小型 25×18×2cm/250g未満 226円
標準 45×35×20cm/9kg未満 360円
大型 45×35×20cm以上/9kg以上 ①100cm未満:622円
②100〜140cm未満:676円
③140〜170cm未満:738円
④170〜220cm未満:1,398円(特殊大型)

商品区分は上記3つとなりますが、大型を除き販売価格が45,000円の場合「高額商品」として扱われます。

在庫保管手数料

Amazonの倉庫へ商品を保管・管理する手数料です。

こちらは商品サイズと保管日数で計算されます。

商品サイズは体積で、保管日数は「Amazon倉庫に商品保管した日」から「購入者へ商品を出荷した」までの日数です。

かなり複雑なので、FBA料金シュミレーターを使用することをオススメします。

FBA料金シュミレーター

 

参考:在庫保管手数料の計算式:{(商品サイズ)/(立方メートル)}×(倉庫保管日数/保管する月の日数)

注意:在庫保管手数料は期間によって変わる

在庫保管手数料は「1〜9月」「10〜12月」で料金体系が変わり、「10月〜12月」の方がコストは高くなる傾向にあります。

そのためFBA料金シュミレーターを活用した方が、間違いは少なく済むでしょう。

在庫保管手数料は定期的にチェックしないと、システムの更新と共に料金体系が変わることも。

知らない間に手数料が増えてしまうケースもあるため、必ずチェックするようにしましょう。

まとめ

Amazonで出品するときは、

  • 月額4,900円(大口出品)
  • 1商品につき100円(小口出品)
  • 販売手数料
  • 配送代行手数料(FBA利用の場合)
  • 在庫保管手数料(FBA利用の場合)

上記5つがメインコストとしてかかります。

固定でかかるコストもあるため、Amazonへ出品する前に採算が合うかを確認することも大切です。

5000万人を超えるユーザー数を持つAmazonでは、それだけビジネスチャンスも多いECサイトです。

「越境EC」もできるため、海外へ商品を出品したい事業者にもオススメとなります。

ぜひAmazonでの出店を検討してみましょう。

Amazonで出店する方法については「初心者必見!Amazonの出店方法をイチから解説します」を参考にしてくださいね。

What is Sobani

Amazon通販支援数が
100社以上という圧倒的な
実績経験があります。

オリジナル商品の販売に特化
しており、特定マーケットで
シェアNO.1を多数創出しています。

自社でECのシステム開発を行うベンダーでもあり
より戦略的なコンサルティングが可能です。

アマゾン ジャパン合同会社様
共同セミナーを開催しています。

Amazonコンサルティング
専門企業
でECコンサルタントは、
現役or元Amazonセラーで
構成された実力派集団です。

Recommend関連記事

2022年5月25日

EC

【新任向け】EC担当者の業務内容と売上目標(KPI)設定の方法をご紹介!

ネットショップをはじめとしたECサイトを運営する「ECサイト担当者」。   2020年から在宅で過ごす方も増え、Amazon・楽天でお買い物を楽しむ方も増えました。 そのためECサイト……

2022年5月23日

EC

【徹底解説】ASPカートとは?選ぶ際のポイント&おすすめ

ネットで商品を売るときに必要なのが「ASPカート」です。 現実のスーパーで商品をたくさん買うとき、ショッピングカートが必要になりますよね。 インターネットで商品を買うときも同じように、カートが必要……

2022年5月31日

EC

【EC初心者必見】商品マスタとは?(JANコード・型番)

ECサイトを運営するときは、商品マスタを作成することが大切です。 商品マスタとは、出品した商品の「型番・JANコード」などを指します。   カンタンに言えば、商品のさまざまな情報をまと……