Amazon出品代行とは?業務内容やメリット・デメリット、選び方を解説

Amazon 出品

    「Amazon出品代行って一体どんなサービス?」
    「Amazon出品代行を利用するメリットは?」

    このような疑問を抱えていませんか?

     

    こんにちは!Amazon専門コンサルティングカンパニー「株式会社そばに」コラム編集部です!

     

    出品代行は、その名前の通り、出品作業を代行してくれるサービスです。

    しかし、サービスを提供する企業によって、その業務範囲は異なります。

    この記事では、出品代行の概要やメリット・デメリット、選び方について解説しますのでぜひ参考にしてください。

     

    なおそばにこれまでに600社以上のコンサル実績があり、Amazonジャパン合同会社様との共同セミナーを複数開催しています。

    これまで培ってきた経験と知見を元に解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください!

    ではまず、Amazon出品代行の概要についてお伝えしていきます。

    Amazon出品代行とは?どんなことを任せられる?

    Amazon出品代行とは?どんなことを任せられる?

    Amazon出品代行とは、冒頭でも述べた通り、出品作業を代行するサービスです。

    ただし、

    • 商品登録のみ代行(写真撮影や発送は対応外)
    • Amazon販売にかかる業務を一気通貫で代行
    • FBA納品業務も対応可能

    など、提供する企業によって代行する業務範囲が異なります。

    このように「出品代行」という言葉は多くの意味を持ち、一概に定義することが難しいのが実状です。

    そのため、出品代行サービスを利用する際は、委託できる業務範囲をしっかり確認した上で自社に適したサービスを選ぶようにしましょう。

    Amazon納品代行との違い

    Amazon納品代行との違い

    出品代行と似たような言葉に「納品代行」という言葉があります。

    この2種類のサービスの違いに迷われる方もいるかもしれません。

    では、出品代行納品代行には、どのような違いがあるのでしょうか?

     

    出品代行は、先の項で述べた通り、出品作業を代行するサービスです(企業によって業務範囲が異なる)。

    一方、納品代行はというと、FBA倉庫への納品業務を代行するサービスです。

     

    では、どのような場合に「納品代行」を利用するのでしょうか?

    それは、FBA(フルフィルメント by Amazon)というAmazonの独自サービスを利用している場合です。
    (※FBAについては、以下の記事で詳しく解説しています)
    🔗【2022年最新】フルフィルメント by Amazon(FBA)の手数料やメリットを解説!

    FBAを利用する出品者は、商品をFBA倉庫へ納品しなければなりません。

    FBA倉庫へ納品するためには、納品ルールに従って手続き梱包ラベル貼り発送などの作業が発生するのですが、その業務を代行するのが納品代行です。

    そんな納品代行では、

    • 梱包
    • 検品
    • ラベル貼り
    • 出荷
    • 一時的な保管

    などの業務を委託できます。

    この業務範囲については、企業によって異なりますので利用前に必ずチェックし、自社に合ったサービスを選ぶようにしましょう。

    Amazon出品代行へ委託するメリット・デメリット

    メリット・デメリット

    では、出品代行を利用するにあたって、どのようなメリットデメリットが発生するのでしょうか?

    それぞれ解説しますので、ぜひチェックしてください。

    メリット

    まずは、メリットについてです。

    メリットとしては、以下の4点が挙げられます。

    1. 出品にかかる手間を削減できる
    2. Amazonの規約を覚える手間が省ける
    3. プロに魅力的な商品ページ制作を依頼できる
    4. 購入者とのトラブル対応も任せられる(サービス内容による)

    では、一つずつ見ていきましょう!

    1. 出品にかかる手間を削減できる

    Amazonへ商品を出品する場合は、商品登録テキストコンテンツの制作商品画像の制作などの作業が発生します。

    出品代行へ委託することで、そのような手間を削減することが可能です。

    また、出品代行業者によっては、競合調査や市場調査・キーワード対策のアドバイスなどを行ってくれる場合があります。

    そのようなサービスを選べば、ただ出品登録の手間を削減できるだけでなく、売上に繋がることも期待できます。

    2. Amazonの規約を覚える手間が省ける

    また、商品登録する場合は、Amazonの出品ルールを把握しておくことも大切です。

    もしルールに違反してしまった場合は、出品停止になるか、最悪の場合アカウント停止となる場合もあります。

    出品代行へ委託すれば、出品ルールに則って出品登録を行ってくれるので安心です。

    3. プロに魅力的な商品ページ制作を依頼できる

    商品ページは、Amazonでの売上を大きく左右する要素の一つです。

    しかし、Amazonの商品ページの構成やデザインは一律に決まっているため、他商品と差別化できる要素が少ないのが難点

    そんな商品ページで差別化するためには、商品画像商品説明文商品仕様文商品紹介コンテンツ(A+テキスト)を充実させることが大切です。

    ただし、魅力的な商品ページの制作には、経験やノウハウが必要となります。

    そこで出品代行に委託することで、Amazon販売の経験やノウハウがなくても魅力的な商品ページを作ることが可能です。

    4. 購入者とのトラブル対応も任せられる(サービス内容による)

    出品代行サービスを提供している企業の中には、購入者とのトラブル対応も行ってくれるケースがあります。

    トラブル対応は、大きな時間と手間が発生する作業ですので、大幅なコスト削減に繋げることが可能です。

    デメリット

    続いて、デメリットについて解説します。

    デメリットとして挙げられるのは、以下の2点です。

    1. 商品情報の共有や成果物をチェックする手間が発生する
    2. コストがかかり利益率が下がる

    では、一つずつ見ていきましょう!

    1. 商品情報の共有や成果物をチェックする手間が発生する

    出品代行へ依頼する場合は、商品情報の共有成果物(商品ページや商品画像など)をチェックする必要があります。

    例えば、作成した商品ページの画像や文章をチェックし、「訴求力は十分か?」「記載内容と事実に相違はないか?」などについて確認する作業が発生します。

    そして、もし修正してほしい箇所があれば、再度修正してもらい改めてチェックを行うといった形です。

    このように外部業者へ依頼する場合は、必要最低限ではありますが、コミュニケーションが発生します。

    そのため、自社で行うよりも多くの手間が発生してしまいます。

    2. コストがかかり利益率が下がる

    出品代行へ依頼する場合には、月額費用手数料などのコストがかかります。

    そのため、自社で出品を行なった場合に比べて、利益率は下がってしまいます

    ただし、出品作業に対して社内リソースを割かなくても済む分、他の業務に注力できるメリットがありますので、メリットとデメリットの両方を考慮して選択するようにしましょう。

    Amazon出品代行の相場はいくら?

    Amazon出品代行の相場はいくら?

    Amazon出品代行の相場はいくらぐらいなのでしょうか?

    ここでは、出品代行を提供している企業の料金プランを3社ピックアップし、表にまとめてみました。

    料金プランは企業によって異なりますので、参考程度に確認いただけますと幸いです。

    企業名 発生する費用 月額費用
    そばに
    • 初期費用(150,000円)
    月額料金なし
    セドロジ
    • 月額費用(プレミアムプランのみ)
    • 荷受手数料
    • 出品手数料
    • FBA配送料
    • その他オプション料金

    スタンダードプラン:無料

    プレミアムプラン:10,800円
    (引用:セドロジ

    FBA代行センター
    • 月額費用(プレミアムプランのみ)
    • 商品保管料
    • 荷受手数料
    • その他オプション料金

    一般会員:無料

    プレミアム会員:4,900円
    (引用:FBA代行センター

    利用後のミスマッチをなくすための出品代行の選び方

    利用後のミスマッチをなくすための出品代行の選び方

    出品代行を提供している企業は複数あるため、何を基準に選べば良いのか迷われるかもしれません。

    もし、出品代行の利用を検討されている方は、出品代行を選ぶ際に押さえておくべきポイントについて解説しますので、ぜひチェックしてください。

    依頼できる業務範囲をチェック

    すでに述べている通り、「出品代行」は、企業によって対応可能な業務範囲が大きく異なります。

    • 商品登録のみ対応
    • 出品登録〜カスタマーサポートまで対応
    • FBA納品代行も対応

    など、上記のように様々です。

    そのため、どの範囲まで委託できるのかを予め把握しておきましょう。

    しっかりとした実績の有無

    実績の有無についても要チェックです。

    特に、集客・販売まで対応する出品代行の場合は、どの期間でどの程度の売上アップを見込めるのかの参考になります。

    また、取扱商品についてもチェックしておきましょう。

    自社商品と同じジャンルの商品で成果が出ていれば、売上アップへの期待度が高まります。

    費用

    費用面も重要です。

    この費用面においては、ただ料金だけを見るのではなく、業務範囲とのバランスを見るようにすることをおすすめします。

    例えば、ある企業では基本プランに含まれている作業が、他方の企業ではオプション料金が発生するケースがあります。

    このように企業によって費用に対する業務内容が異なる場合があるため、自社の求める業務範囲を明確にしてから費用面の確認を行うようにしましょう。

    FBA納品代行とセットのサービス(FBA利用の場合)

    FBAの利用を検討している、もしくは、すでにFBAを利用している場合は、FBA倉庫への納品作業も対応可能なサービスを選ぶと良いでしょう。

    実は、企業によっては「納品代行」のみを提供しているケースがあります。

    しかし、出品代行と別々で契約をしてしまうとコストが余計にかかってしまう恐れがありますので、FBA納品代行とセットになっているサービスを選ぶことをおすすめします。

    検索上位多数獲得!販売実績多数!出品代行なら「そばに」へ

    検索上位多数獲得!販売実績多数!出品代行なら「そばに」へ

    Amazonでは、検索からの商品ページ流入数が全体の70%を占めます。

    そして、Amazon検索で上位を獲得できるかどうかは、商品登録の段階から決まってしまいます。

    どういうことかというと、商品登録を行う段階から

    • 市場調査
    • 競合調査
    • キーワード調査
    • 調査を元にした戦略の立案

    などをしっかりと行い、「訴求力の高い」かつ「SEO評価の高い」商品ページ(以下、「売れる商品ページ」と記載)を作ることが重要だということです。

    そのためには、ただ商品情報を登録するだけでは不十分となります。

    しかし、売れる商品ページを作るためには、Amazon販売に対する知見や経験、ノウハウが欠かせません。

    正直なところ、初心者の方がいきなり売れる商品ページを作れるかと聞かれると、難しいと答えざるを得ないのが正直な感想です。

     

    そこでそばにでは、Amazon販売に対する知識や経験がない方でも売れる商品ページを手に入れられるよう、『Amazon参入パッケージ』と称して出品作業のサポートをしています。

    実際に弊社でサポートさせていただいた商品ページでは、検索1位を獲得し、「ベストセラー」ラベルも獲得しています。

    【検索1位/ベストセラー獲得】

    Amazon検索1位/ベストセラー獲得

    (引用:Amazon

    集客・販売も全て丸投げ?「アカウント運用代行」もおすすめです

    当然ながら、商品ページを作成したら集客と販売のための施策を行うことが重要になります。

    Amazonの市場は大規模ですから、商品を出品すれば売れると思われている方が多いのですが、そういう訳ではありません。

    実は、ライバルがとても多いため、ただ出品しただけでは商品が埋もれてしまい、アクセスの獲得さえ難しいのが実状です。

    かと言って、商品登録と同様に、集客・販売においても知識や経験・ノウハウが欠かせません。

    そこで、集客や販売もサポートしてほしいという方に向けて、そばにでは『アカウント運用代行』サービスを提供しています。

    以下が、そばにが提供する『アカウント運用代行』のメニューです。

    そばにのAmazonアカウント運用代行とは?

    アカウント運用代行は、出品登録〜集客・販売〜カスタマーサポートまで、Amazon販売に関するほぼ全ての業務を丸投げいただけるサービスです。

    プロが出品者の代わりに運用を行いますので、最短最速での売上アップを期待できます。

    【実績】1年間で約189万円/月(前年比213.77%)を達成!

    では、実際にどのような売上アップを期待できるのでしょうか?

    弊社のクライアント様の事例をご紹介しますので、参考までにご覧ください!

    そばに 事例紹介<CASE3 食品>

    上記は、食品を取り扱うクライアント様の事例です。

    当初88万円/月ほどだった売上を、1年で約189万円まで引き上げました。

    行なった施策としては、

    • SEO最適化
    • 画像最適化
    • 広告運用最適化
    • レビュー施策
    • セール施策

    などです。

    とても大幅な売上アップのように感じるかもしれませんが、実はそんなことはないのです。

    弊社では様々なクライアント様と関わらせていただいておりますが、中でも販促活動を十分に行えていないことで、売上機会の損失を生み出しているケースがとても多いことを痛感しています。

    つまり、自社に合った戦略を立て、Amazonで利用できる販促サービス(広告運用・レビュー・セールなど)を十分に活用できれば、このような短期間での売上アップは十分に可能だということです。

    「Amazonに対する知識や経験がないのでサポートしてほしい!」
    「最短最速で売上アップに繋げたい!」

    もしこのようにお考えでしたら、ぜひ一度そばににご相談ください。

    現在そばにでは、Amazon販売に関する無料相談を承っております。

    下記ボタンより、お気軽にお問い合わせください!

    ◆お電話・WEBからのお問い合わせはこちら

    Amazon専門の運用スペシャリストによる売上UPをご希望の企業様はお気軽にご相談ください。
    コンサルティング・運用代行・広告運用のサービスや事例に関する質問/相談はこちら↓

    ※設定や手続きなどのご不明点はこちらからテクニカルサポートにお問い合わせください。
     ※お電話からのお問い合わせは初めに一次受付にてご対応となります。

    まとめ

    まとめ

      いかがだったでしょうか。

      「出品代行」サービスは、企業によって業務範囲が大きく異なるため、利用する際は注意が必要です。

      • 商品登録のみ対応
      • 出品登録〜カスタマーサポートまで対応
      • FBA納品代行も対応

      など、対応可能な範囲が様々ですので、利用前に必ず委託できる業務範囲を確認するようにしましょう。

      この記事では、出品代行の選び方についても記載していますので、利用を検討されている方は、ぜひチェックしてください。 

       

      現在そばにではLINE公式アカウントにて、Amazon販売のノウハウ戦略について発信しています。

      「Amazonに参入したてなので知識を深めたい!」
      「売上を伸ばすために必要なことを教えてほしい!」

      このようにお考えでしたら、きっとお役に立てるはずです。

      ぜひ下記バナーより友だち追加してください!

      QRコード

      監修者紹介

      若月 菫

      取締役

      株式会社 そばに 取締役。
      東京都板橋区出身。学生起業でAmazonから越境ECに渡り多角的なモールで自社商品を取り扱い、Amazonのみの売上は1.6億円。
      販売事業者として実績を積んだ知識を基にECコンサルティングへと参入。
      主にフロントコンサル業務を担当。もともと広告代理店に3年程従事し、化粧品や健康食品系を主とした広告戦略の立案から作成までの知見を活かし、Amazon広告以外にも、Youtuber施策・インフルエンサーマーケティングなどの知識も含めての販売戦略のノウハウで支援を行う。

      人気記事

      What is Sobani

      Amazon通販支援数が
      600社以上という圧倒的な
      実績経験があります。

      オリジナル商品の販売に特化
      しており、特定マーケットで
      シェアNO.1を多数創出しています。

      自社でECのシステム開発を行うベンダーでもあり
      より戦略的なコンサルティングが可能です。

      アマゾン ジャパン合同会社様
      共同セミナーを開催しています。

      Amazonコンサルティング
      専門企業
      でECコンサルタントは、
      現役or元Amazonセラーで
      構成された実力派集団です。

      Recommend関連記事

      2022年6月30日

      Amazon 出品

      AmazonのSKUって?効果的な設定方法をコンサルが徹底解説!

      Amazonで複数の商品を出品するときは、「商品管理」をする必要があります。 理由はカンタンで、商品管理をしないと正確に売上が予測できないためです。 仕入れ時期・仕入れ価格などの情報を管理できない……

      2022年11月4日

      Amazon 出品

      【売上減少の危険 !?】Amazonで在庫が切れたら入荷予定日を設定しよう!

      「在庫切れを起こして売上が減ってしまった...」 「入荷予定日の設定方法が分からない」 今回は上記の悩みを解決する記事です。 Amazonではセラーが入荷予定日を設定することで、売上ダウンの……

      2023年4月21日

      Amazon 出品

      Amazon ストア名(店舗名)とは?変更方法や付け方を解説!

      「Amazon販売でストア名の付け方がわからない...」 「ストア名を変更したいけどやり方がわからない」 今回は上記に回答する記事です。 こんにちは!Amazon専門コンサルティングカン……