Amazonで出品停止になる理由とは?対処法も徹底解説!

エラー・トラブル

Amazonで出品停止になる理由とは?対処法も徹底解説!

Amazonから出品停止を言い渡された…」「出品停止になった原因がわからない…
そんなお困りの方も多いと思います。

 

こんにちは!Amazon専門コンサルティングカンパニー「株式会社そばに」です!

 

Amazonで出品していると、時折出品停止になってしまう場合があります。

考えられる原因はいくつもあり、適切に対処しないと再出品することができなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

 

今回は、Amazonで出品停止になる原因から対処法までわかりやすく解説していきます!

 

なお我々そばには、Amazon支援社数600社以上!

過去にコンサルさせていただいた企業様は、3年で月商5,000万、伸び率2400%達成した実績がございます。

それらの経験や知見をもとに解説していくので、ぜひ最後までご覧ください!

Amazonで出品停止になる理由

Amazonでは、規約に違反した行為が発見されると出品停止、もしくは、アカウント停止・アカウント削除される危険性があります。

出品停止となると焦ってしまいがちですが、適切に対処できれば復旧できる可能性はありますので、まずは出品停止となる理由を把握しましょう。

ここでは、Amazonで出品停止になる理由についてお伝えしますので、ご自身の原因として当てはまるものはないかチェックしてみてください。

①商品情報が不足しているから

商品情報が不足していると、出品停止となってしまう場合があります。

特に在庫ファイルを利用せず直接商品情報を入力して登録を行った場合に、商品情報の記入漏れが起こりやすいので注意が必要です。

この場合、足りない商品情報を確認して入力するようにしましょう。
そうすると、出品停止が解除になるはずです。

今後は、出品するために必要な情報が十分に記載されているかどうかをきちんとチェックしてから出品するようにしましょう!

②規約違反

出品した商品が、規約違反だと出品停止になる可能性がある。

Amazonには「出品者利用規約及び出品者行動規範」という規約があります。

この規約は、購入者と出品者の間で公正さと信頼感のある取引が実現できるように、Amazonから遵守するように指示されているものです。

では、具体的にどのような内容があるのでしょうか。

提示されている規範のいくつかをご紹介しますので、確認してみてください。

 

一つ目は、「アカウント情報を常に最新の状態に保つという項目です。

この項目は、Amazonや購入者に対して迷惑をかける結果とならないためにも注意しなければなりません。

例えば、出品者側が休暇を取ったり、もしくは病気やケガなどで、出荷対応できない状況になったとします。

この場合、Amazonでは、アカウントを休止状態に設定でき、休止設定中は出品商品が検索結果に出てこなくなったり、商品詳細ページが削除されるなど、購入者が誤って注文することのないように対処されます。

もしアカウント情報を更新せずに、稼働状態のままになっていた場合、購入された商品が購入者の元に届かないということになりかねません。

そうなれば、購入者の信頼を失いますし、当然ながらAmazonからの信頼を失うことになります。

このように、アカウント情報が原因でトラブルになり、出品が継続できなくなってしまう事態とならないために、アカウント情報は常に最新の状態に保つように努める必要があります。

 

他には、自分自身について虚偽の情報は決して登録しない」という項目があります。

Amazonにアカウント登録をする際に、虚偽の情報を入力したり、偽造または改ざんしたと疑われる書類を提出した場合は、出品停止ではなくアカウント閉鎖となる可能性もあるので注意が必要です。

これは、虚偽の情報を入力しないよう注意するということだけでなく、正確な情報を誤字脱字・表記揺れなどの誤差なく記入することの重要性も示しています。

虚偽の情報を登録しないことはもちろんのこと、登録内容を一字一句正しく入力することも心がけるようにしましょう!

 

このように、Amazonの「出品者利用規約及び出品者行動規範」には、公正さと信頼性に基づいた取引を実現するために出品者側が遵守すべき行動規範が記されています。

この規約は、Amazonで出品するためには絶対に把握しておくべき内容です。

その他の行動規範については、以下のリンクから確認できるのでチェックしておきましょう!

🔗Amazonセラーセントラル 出品者利用規約および出品者行動規範

出品してはいけない商品が決まっている。

Amazonでは、特定のブランドやカテゴリに対して出品制限がかかっており、特定のブランドやカテゴリにおいては、出品禁止となっているものもあります。

制限がかかっているカテゴリは以下です。

  • 酒類
  • 動物関連商品
  • 自動車
  • 通貨、硬貨、および現金同等品
  • 医薬部外品及び化粧品
  • 栄養補助食品
  • 医薬品
  • 武器および関連商品
  • 食品&飲料
  • アダルト商品
  • 不快感を与える商品
  • Amazonデバイス、修理・メンテナンス用アクセサリ
  • 電化製品・電子機器
  • レーザーポインタおよび関連商品
  • 医療機器の取り扱い(マーケットプレイス出品者用)
  • 盗難品およびピッキングツール
  • 医療機器および関連商品
  • 植物、植物製品、種子
  • リコール対象商品
  • タバコおよびタバコ関連商品
  • その他
  • 化学物質、農薬および肥料
  • リサイクル家電

引用元:Amazonセラーセントラル

上記カテゴリの中には、出品禁止対象ではなくても、出品許可申請が必要なものもあるので注意が必要です。

出品の制限に関して詳しく知りたい方は、以下のリンクからセラーセントラルで確認してください!

🔗Amazonセラーセントラル 出品許可が必要な商品

③出品者アカウントのパフォーマンスが悪い

出品者アカウントのパフォーマンスが悪いことも、出品停止の対象となります。

主に、次のことが挙げられます。

■購入者からのクレーム、誤配送

Amazonは、購入者出品者お互いに信頼できる公正な取引を行うことを大切にしています。

そのため、Amazonで出品をするためには、誤配送や商品に関する購入者からのクレームが多いと、出品停止の対象となる場合があるので注意が必要です。

 

一例として、新品として出品した商品に対して、購入者から「中古の疑いがある」というクレームが届き、商品が削除されたケースがあります。

これは、業者の配送状態が悪く、少し箱が空いてしまった状態で配送されたため、購入者が中古品だと勘違いしたことが原因でした。

このように、購入者からのクレーム出品停止の原因となる可能性があるので、予めできる範囲でクレームへとつながるリスクを排除しておくことも大切です。

④メイン画像

Amazonでは、商品詳細ページの最初の画像をメイン画像とし、検索時に表示されます。

このメイン画像は、購入者が商品内容を判別し評価するために重要なため、遵守すべきルールが決められています。

 

メイン画像が原因で出品停止となっているケースはとても多いので注意しましょう。

メイン画像のルールについては、次のような内容が明示されています。

  • 背景は白
  • 販売する商品のみを表示
  • 商品が画像の枠内に収まっている必要がある
  • 画像に表示されている商品が商品名と一致する必要がある
  • 画像の85%以上を商品が占める必要がある
  • 画像はJPEGを推奨
  • ヌードや性的なものを示唆するものは使用できない
  • 画像にAmazonのマークや関連するマーク、類似するまたは紛らわしいマークは含めていけない
  • 画像の長辺は、1600ピクセル以上10,000ピクセル未満
  • 不鮮明な画像、画素化された画像、端がギザギザに加工された画像は使用不可

上記のように、メイン画像のルールが細かく指定されています。

 

もし出品停止となっている場合は、対象商品のメイン画像が、上記のルールを満たしているかどうかチェックしてみてください。

⑤価格が適正じゃない

商品価格が適正でないと判断された場合、出品停止となる可能性があるので注意が必要です。

Amazonでは、Amazon以外のECサイトの商品価格も参考にして適正価格が判断されています。

そのため、出品者は適正価格と判断される範囲内に価格を収めることが必要です。

 

出品停止された場合、もしくは、どの程度の価格に設定すればいいのか迷った場合は、Amazon以外のサイトに掲載されている同製品を確認してみましょう。

⑥薬機法

薬機法とは、医薬品・医薬部外品・化粧品・医療機器において、品質や安全性、有効性を確保するために定められた法律です。

薬機法では、商品の販売・流通・広告に対しても定められているので、Amazon出品者には大きく関わりがあります。

 

特に、効果・効能を記載する場合には注意しましょう。

効果や効能について大げさに記載したり、事実と異なる内容を記載したり、根拠のない内容を記載してしまうと、薬機法違反となる場合があります。

 

ご自身の商品ページの内容が、薬機法の記載にそぐわないものになっていないかチェックしてみましょう。

薬機法で規制されている使用禁止ワードを知りたい方は以下のリンクから!

🔗禁止されている商品広告・宣伝文言

Amazonで出品停止になった場合の対処法

amazon_suspesion-of-listing-img

Amazonから出品停止のメールが届いたり、気づいたら出品停止になっていたりすると、どうしても焦ってしまうと思います。

しかし、必ずしも再出品できない訳ではありませんので、冷静に対処していきましょう。

 

ここでは、Amazonで出品停止になった場合の対処方法をお伝えしますので、実行してみてください。

出品停止のメール通りの対応をする

出品停止措置が取られると、Amazonから「出品キャンセルのご連絡」メールが届きます。

メール内には、対象商品となぜ出品停止の措置を取ったのかという理由が記載されていますので、その理由を解消するように努めましょう。

 

また、削除された商品カタログを復活させたい場合は、パフォーマンス改善計画書を作成し提出する必要があります。

その場合は、次のことに注意して作成するようにしましょう。

以下は、Amazonセラーセントラルの「出品権限を回復するためのパフォーマンス改善計画を作成する」ページから引用しています。

  • 明確かつ簡潔に説明する
  • すべての問題について説明する
  • すべての商品に関する証拠を提出する
  • 資料の一部を強調表示する

出品権限を回復するためのパフォーマンス改善計画を作成する

このように、ガイドラインが提示されていますので、それに従い作成し、Amazonへ提出します。

Amazon側が、これを受理し問題が解決されたと判断されれば、削除を取り消すことが可能です。

Amazonテクニカルサポートへ問い合わせる

Amazonから届いた「出品キャンセルのご連絡」メールを読んでも、内容が理解できなかったり、出品停止になった理由がわからない場合は、Amazonのテクニカルサポートに問い合わせましょう!

また、アカウントの利用停止が間違いだと思われる場合は、出品情報に対する申し立てをすることも可能です。

 

出品停止措置を取られた場合は、どうしても焦ってしまいがちです。

しかし、適切に対処すれば再出品できる可能性はありますので、状況把握をしっかり行い落ち着いて対処しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

Amazonで出品するためには、

  • 商品情報に不足がないようにする
  • 出品者利用規約及び出品者行動規範を遵守する
  • メイン画像のルールを守る
  • アカウントパフォーマンスを良くする
  • 適正な価格を設定する
  • 薬機法違反にならないような文章や表現を使用する

など、様々な項目で注意すべきポイントがあります。

出品停止となってしまった場合は、上記の項目を確認して、アカウントや出品登録情報に改善できるところはないか確認してみましょう!

もし、当てはまる項目があれば改善して、適切に対処すれば再出品できる可能性はあるので安心してください。

 

しかし中には、

「でも、色々設定が多すぎてちゃんとできそうにない…」
「そこまできちんと出品できる時間も知識もない…」

こんな風に思われる方もいるかと思います。

 

そんな、Amazonにあまり詳しくない方や時間がない方、出品するのが初めてという方はぜひ一度我々そばににご相談ください!

 

我々そばには、コンサルティングだけではなく運用代行も提供しているので、時間がない方でもAmazon販売を効率的に行うことができます!

 

Amazonに精通したメンバーが売り上げアップに効率的な商品登録を行い、貴社の売り上げアップに貢献します!

 

Amazonの売り上げを伸ばしたい!
運用代行をお任せしたい!
と、お思いの方は以下のボタンからそばににお問い合わせください!

◆お電話・WEBからのお問い合わせはこちら

Amazon専門の運用スペシャリストによる売上UPをご希望の企業様はお気軽にご相談ください。
コンサルティング・運用代行・広告運用のサービスや事例に関する質問/相談はこちら↓

※設定や手続きなどのご不明点はこちらからテクニカルサポートにお問い合わせください。
 ※お電話からのお問い合わせは初めに一次受付にてご対応となります。

監修者紹介

若月 菫

取締役

株式会社 そばに 取締役。
東京都板橋区出身。学生起業でAmazonから越境ECに渡り多角的なモールで自社商品を取り扱い、Amazonのみの売上は1.6億円。
販売事業者として実績を積んだ知識を基にECコンサルティングへと参入。
主にフロントコンサル業務を担当。もともと広告代理店に3年程従事し、化粧品や健康食品系を主とした広告戦略の立案から作成までの知見を活かし、Amazon広告以外にも、Youtuber施策・インフルエンサーマーケティングなどの知識も含めての販売戦略のノウハウで支援を行う。

人気記事

What is Sobani

Amazon通販支援数が
600社以上という圧倒的な
実績経験があります。

オリジナル商品の販売に特化
しており、特定マーケットで
シェアNO.1を多数創出しています。

自社でECのシステム開発を行うベンダーでもあり
より戦略的なコンサルティングが可能です。

アマゾン ジャパン合同会社様
共同セミナーを開催しています。

Amazonコンサルティング
専門企業
でECコンサルタントは、
現役or元Amazonセラーで
構成された実力派集団です。

Recommend関連記事

2023年4月29日

エラー・トラブル

Amazonでの転売対策方法を解説!販売機会を増やす施策もご紹介

「転売ってどうにかできないの?!」 「相乗り出品をされたらどうすればいい?!」 他の出品者に相乗り出品をされてしまい困っていませんか。   こんにちは!Amazon専門コンサルティン……

2022年5月25日

エラー・トラブル

【出品者向け】Amazonの返品対応の方法とは?【低評価にさせない】

Amazonで出品していると、商品が返品されるケースもあります。 購入者(ユーザー)が商品の返品をする理由はさまざまです。   たとえ返品の理由がユーザーの自己都合であっても、出品者は……

2023年9月1日

エラー・トラブル

Amazonでレビュー削除依頼を行う方法!画像付きで分かりやすく解説

「レビュー削除依頼を行う方法を知りたい!」 「レビューを削除してもらえなかった場合の対処法も知りたい!」 このような悩みを抱えていませんか?   こんにちは!Amazon専門コン……