Amazonセラーアカウントの解約方法!解約する方法と注意点を徹底解説!

Amazon 出品

Amazonセラーアカウントの解約方法!解約する方法と注意点を徹底解説!

Amazon販売はもうやめるからセラーアカウントを解約したい
Amazon販売を再スタートさせたいからセラーアカウントを解約したい

今回は上記の悩みについて回答する記事です。

Amazonのセラーアカウントを解約するときはいくつか注意点があるため、解約を検討している方はぜひこの記事を参考にしてください。

こんにちは!Amazon専門コンサルティングカンパニー「株式会社そばに」です!

今回の記事ではセラーアカウントを

  • 解約する注意点
  • 解約する前に行うこと
  • 解約する方法

上記3つのテーマを中心に解説します。

我々そばには、Amazon通販支援者数600社以上と実績を重ねAmazonジャパン合同会社様と共同セミナーを複数開催した実績があります

それらの経験・知見を踏まえて解説するので、ぜひ参考にしてください!

また、そばにではAmazonの出品者向けてに「コラム」を多数公開しているので、ぜひあわせて参考にしてくださいませ。

セラーアカウントの解約をする注意点

Amazonでの売上が思ったより伸びなかった
Amazon販売にかけるリソースが割けない

などの理由からAmazonのセラーアカウントを解約する方もいるかと思います。

もちろん商品や時期によってAmazonでは売れないケースもあり、企業によってビジネス戦略は異なるため、「Amazon販売をやめる」というのも一つのビジネス戦略です。

しかしAmazonで「セラーアカウント」を解約する際は、実行する前に確認しなければいけない項目がいくつかあります

具体的には次章で紹介しますが、たとえば「未出荷の商品」があった場合、購入者の元へ商品を届ける必要がありますよね。

もし商品を届けずにセラーアカウントを解約してしまったら、購入者の元に商品が届かず後々面倒なことになる可能性もあります。

他にもセラーアカウントを解約する前に行うべき確認がいくつかあるため、下記から紹介します。

セラーアカウントを解約する前に行うこと

セラーアカウントを解約してしまった場合、Amazonに「申し訳ないのですがちょっと戻して欲しいです」と言っても、Amazonは対応してくれません。

また、今まで育ててきたAmazonでの販売実績も白紙となるため、よく検討した上でAmazonでの解約を行うようにしましょう。

それではここからセラーアカウントを解約する前に行うことを紹介します。

①大口出品から小口出品に変更

Amazonの販売をやめるのであれば、月間登録料がかかる「大口出品」は無駄なコストになってしまいます

なぜなら毎月固定でかかってくる費用になるため、まずは「大口出品」から「小口出品」にダウングレードをしてください。

手順は下記のとおりです。

1.セラーセントラルにログインし、設定>出品用アカウント情報の順番で選択

1.セラーセントラルにログインし、設定>出品用アカウント情報の順番で選択

2.ご利用のサービス>サービスの管理の順番で選択

2.ご利用のサービス>サービスの管理の順番で選択

3.「小口出品に変更」を選択して完了

3.「小口出品に変更」を選択して完了

しかし小口出品に変更した場合でも、1ヶ月の区切りまでは大口出品となるため注意しましょう。

②出品商品の整理

もし「出品者出荷」でAmazon販売を行っている場合は、商品の出品を止める必要があります

とは言っても在庫数をゼロに変更するだけで完了するため、そこまでむずかしくはありません。

ただ、FBAを利用している場合は倉庫から商品の「返送または所有権の放棄依頼」を行う必要があり、行わないと手数料が発生してしまいます。

(細かい内容に関しては、下記のリンクで解説していますのでご確認くださいませ。)
🔗【最新版】Amazon FBA在庫の返送/廃棄(所有権の放棄)の手数料は?概要なども解説!

③購入者のへの対応

次に購入者への対応です。

基本的なことになりますが、注文を受けた商品の発送や予約注文の対応を行っていない場合は、必ず発送等を行うようにしましょう。

④未使用品での返品やキャンセルがないか確認

他にも、

  • 未使用品での返品
  • キャンセル分の返金処理

の対応も行ってから解約をしてください。

なお、FBA利用をしている場合でも「最終販売日」からAmazonマーケットプレイス保証の申請期間「90日間」は待機するようにしましょう。

⑤本当に解約が必要かを検討

本当に解約が必要かを検討」することが、セラーアカウントを解約する前に行う最後のことです。

記事前半でお伝えしたとおり、一度解約したAmazonのアカウントは原則2度と戻りません。

そのため解約する理由が「アカウントの費用を支払いたくない」ならば、小口出品に変更するだけで月額支払いはかからないので、解約をする必要はありません。

また、「独自でAmazon販売を行ってみたけど、うまくいかない…」場合は、Amazonでの販売戦略が間違っている可能性もあります。

Amazonは「商品カタログ型ECサイト」と呼ばれるやや特殊なECサイトで、他ECサイトと同じ戦略を練ってもなかなかうまくいきません

その場合、Amazonの「コンサル」や「代行」を依頼することでうまくいくケースもあります。

なので「Amazonコンサル会社に相談し、その上でうまくいかなそうだと判断してから解約する」という選択も一つの手です。

なお、そばにではAmazon販売に関して無料相談を行っているため、Amazon販売でお悩みのことがある方は、ぜひ下記のボタンからお問合せください!

◆お電話・WEBからのお問い合わせはこちら

Amazon専門の運用スペシャリストによる売上UPをご希望の企業様はお気軽にご相談ください。
コンサルティング・運用代行・広告運用のサービスや事例に関する質問/相談はこちら↓

※設定や手続きなどのご不明点はこちらからテクニカルサポートにお問い合わせください。
 ※お電話からのお問い合わせは初めに一次受付にてご対応となります。

セラーアカウントを解約する方法

アカウントの解約前に行うことを全て実行したら、いよいよここからは実際にセラーアカウントを解約する方法です。

下記の手順で行いましょう。

1.設定>出品用アカウント情報を選択

1.セラーセントラルにログインし、設定>出品用アカウント情報の順番で選択

2.右下にあるアカウント管理>アカウントを閉じるの順番で選択

2.右下にあるアカウント管理>アカウントを閉じるの順番で選択

3.フォームに入力してリクエストを送信を選択

3.フォームに入力してリクエストを送信を選択

ここまで完了すると、Amazonから「アカウントを解約しました」という旨のメールがくるので確認しましょう。

なお、未出荷の商品があるなど解約できない場合は、Amazonからアカウントを解約できない理由についてのメールがくることになります。

そのため解約後は必ずAmazonからの連絡を待ちましょう。

自社のAmazon運用がうまくないかないときに便利なそばにの運用代行サービス

Amazonで商品を販売し、実際に売れるようになるためには「時間」と「正しい施策」が大切です。

Amazonへ新規参入した場合、既存の出品者と比べて販売実績が少ないため、実績を積み重ねる必要があります。

しかし正しくAmazonの広告を運用すれば、実績を積み重ねるまでの時間を短縮することも可能です。

またAmazonは他のECサイトとは異なり商品カタログ型ECサイトなので、Amazon独自の施策を行っていく必要があります。

そのためもしAmazonのセラーアカウントの解約を検討している理由が、

  • Amazon運用に割くリソースがない
  • 独自でAmazon販売を行ってきても売り上げが伸びないから
  • Amazonのセラーアカウントの操作方法がよくわからない
  • Amazonでの正しい施策がわからない

などの理由の場合は、ぜひ我々そばにが提供している「Amazon 運用代行」を検討してみませんか?

そばにのAmazon 運用代行では、Amazonへ参入するための基本的な運用(アカウント開設など)から商品ページの作成など売上UPに関する施策までトータルで代行を行なっています

そのためお客様は商品の情報や、アカウントの基本的な登録をし、あとはそばにのプロ集団に丸投げしていただければ売上につながるAmazon運用を開始いたします

基本的に普段の運用はそばにが行いますので、空いた時間に他の業務に従事していただき会社全体の売上アップに専念できることでしょう。

突然のエラー出品停止などにも、チャットやお電話ですぐに対応しますので、販売機会の損失を最低限に抑えることができます

契約後2ヶ月で月間売上300万円超えを達成!

弊社のとあるクライアント様は、2022年9月まで月の売上が10万円代でした。

実際、Amazonでの販売を始めたばかりで、どのように販売したら売上が伸びるのかまったくわからないという状況でした

ですが10月から弊社の運用代行を開始し、商品登録やさまざまな施策を徹底的に運用すると、10月の売上は58万円、さらに翌月の11月には売上300万円を達成しました

こちらのクライアント様のように、Amazonではシステムに沿った正しい戦略を行うことで売上アップを図ることができるのです!

現在そばにでは、Amazon販売に関する無料相談を承っております。

Amazonで解約する前に可能性を探りたい
「Amazon販売を諦めたくない」

とお考えの方はぜひ一度我々そばににお問い合わせください!

◆お電話・WEBからのお問い合わせはこちら

Amazon専門の運用スペシャリストによる売上UPをご希望の企業様はお気軽にご相談ください。
コンサルティング・運用代行・広告運用のサービスや事例に関する質問/相談はこちら↓

※設定や手続きなどのご不明点はこちらからテクニカルサポートにお問い合わせください。
 ※お電話からのお問い合わせは初めに一次受付にてご対応となります。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回の記事のとおりAmazonのセラーアカウントを解約するときは、実行前に行わなければいけないことが多数あります。

そのため解約を思い立ってもすぐには実行せず、最低限今回紹介した内容は行ってから解約しましょう。

もちろんAmazonのセラーアカウントを解約するのは各社の判断によりますが、もし…

正しいAmazon施策に関する情報がわからず解約する
セラーアカウントの操作方法がわからないから解約する

などの場合は、ぜひそばにの@LINEを追加してみませんか?

そばにの@LINEでは、日々Amazonの最新情報に加えてセラーならば必ず知っておきたい情報などを発信しています。

中にはAmazonでの売上UPに関する情報も含まれているため、ぜひ下記から追加してください!

QRコード

監修者紹介

若月 菫

取締役

株式会社 そばに 取締役。
東京都板橋区出身。学生起業でAmazonから越境ECに渡り多角的なモールで自社商品を取り扱い、Amazonのみの売上は1.6億円。
販売事業者として実績を積んだ知識を基にECコンサルティングへと参入。
主にフロントコンサル業務を担当。もともと広告代理店に3年程従事し、化粧品や健康食品系を主とした広告戦略の立案から作成までの知見を活かし、Amazon広告以外にも、Youtuber施策・インフルエンサーマーケティングなどの知識も含めての販売戦略のノウハウで支援を行う。

人気記事

What is Sobani

Amazon通販支援数が
600社以上という圧倒的な
実績経験があります。

オリジナル商品の販売に特化
しており、特定マーケットで
シェアNO.1を多数創出しています。

自社でECのシステム開発を行うベンダーでもあり
より戦略的なコンサルティングが可能です。

アマゾン ジャパン合同会社様
共同セミナーを開催しています。

Amazonコンサルティング
専門企業
でECコンサルタントは、
現役or元Amazonセラーで
構成された実力派集団です。

Recommend関連記事

2022年10月17日

Amazon 出品

【完全版!】Amazon出品の流れを解説!手数料から売上の振込日まで!

「Amazonでアカウント登録する方法を知りたい」 「Amazonで出品する方法を一から知りたい」 今回は、上記の悩みを解決する記事です。 Amazonではじめて出品をする方は、一連の流れを理解……

2022年8月9日

Amazon 出品

Amazon出品って実際どうなの?特徴やメリット・デメリットについてご紹介!

Amazonは海外の企業ですが、日本国内でもユーザー数は非常に多いです。 ユーザー数が多ければその分ビジネスチャンスも比例して高くなります。 そのためAmazonは、商品を販売するときに打……

2022年8月12日

Amazon 出品

Amazon並行輸入品とは?アカウント停止にならない登録方法・注意点を徹底解説

「Amazonの並行輸入品を出品してみたい!」 「並行輸入品でAmazonアカウント停止にならないためにはどうしたらいいの?」 そんなお悩みを持つ方も多いと思います。   こんにちは……