【新規出品者向け】Amazonの初心者がはじめにすることは?

Amazon 出品

【新規出品者向け】Amazonの初心者がはじめにすることは?

Amazonで商品を出品し売り上げを増やすためには、やるべき重要なことがいくつかあります。
裏を返せば、やるべきことをしっかり行わないと売り上げがついてこない可能性も…。

 

なぜかというと、ライバルが多いためです
Amazonでは出品の審査がとてもカンタンなので、言ってしまえばだれでも出品者になることができます。

 

たくさんのライバルがいる中で売上を増やすためには、出品者として売り上げを増やすためのポイントを知っておくことが大事です!

 

そこでこの記事ではAmazonで新規に商品を出品する方が、最初にやるべき売り上げを増やす方法を紹介します。

 

この記事を読むことで、Amazonでの売上を増やすキッカケにもつながるはずです。ぜひ、参考にしてくださいね(^^)

Amazon(アマゾン)の新規出品者がまず最初にやっておくべきこと

Amazonの新規出品者が最初にやるべきことは大きく分けて下記の3つとなります。

 

  • 商品ページを準備する
  • primeマークを付ける
  • AmazonカートBOXを取得する

 

上記の3つをクリアするためには、次章から紹介する細かいポイントをおこなっていくことが大切です。

Amazon(アマゾン)の新規出品で売り上げを拡大するためのポイントは?

Amazonで売り上げを拡大するために大事なポイントは、下記の通りです。

 

  • FBA出荷に登録する(もしくはマケプレプライムに参加)
  • 最安値の割引商品を出品する
  • 分かりやすい店舗名に変更する

 

それでは次章から、一つずつ紹介していきます。

FBAに登録して出品する!

業務の効率と購買率をアップさせるために、FBA出荷への登録を検討しましょう

 

FBA出荷をカンタンに言えば、Amazonが出品者に代わって「商品の保管・注文処理・返品対応」をする仕組みです。FBA出荷に登録することで手数料はかかりますが、その分メリットも多いと言えます。

 

一つ目のメリットは、効率化です。
出品者はAmazon指定の倉庫へ商品を発送するだけで、あとはAmazonがユーザーへ商品の発送・返品などの対応をおこないます。

 

そのため自分で発送・返品処理などをする必要がありません
また送り状や梱包も不要なので、業務の効率化にもつながるはずです。

 

二つ目のメリットが「プライムマーク」です。プライムマークとは、Amazonの注文画面で見かける「✓prime」のマークです。下記のマークは、出品者がFBA出荷に登録することで、出品した商品へプライムマークがつく仕組みとなっています。

 

(引用:Amazon公式サイト

 

このマークが付いている商品であれば「Amazonプライム会員」のユーザーは、お急ぎ便・お届け指定便などを無料で使用することが可能です

 

つまり出品した商品にプライムマークがつくことで、ユーザーにとって買いやすい商品となります。無料でお届け便指定などができ、利便性がアップするためです。

 

ユーザーの中には「プライムマークがついている商品しか買わない」という方もいるので、購買率アップにもつながるでしょう。

 

効率性・購買率を上げることにつながるので、FBA出荷の登録はオススメです。
※FBAは「Fulfillment By Amazon」の略です。

▶︎Amazon-FBAに登録する

マケプレプライムを利用し出品する!(※FBAができない場合)

前述した「FBA出荷」に登録しない場合でも、プライムマークを付けることはできます

 

その方法が「マケプレプライム」に参加することです。
マケプレプライムとは、出品した商品に「プライムマーク」を付けて販売できるプログラムとなります。

 

しかし、マケプレプライムは誰でも利用できるわけではありません。プライムマークを付けるということは、FBA出荷と同じレベルの配送品質を持っているということと同じです。

 

そのため「マケプレプライム」のトライアル期間中に「期日内配送率が96%以上」「出荷前キャンセルが1.0%未満」などの配送条件があります。

 

Amazonが設定した配送条件をクリアすることで、晴れてプライムマークが付きます。

 

FBA出荷に登録するより手間はかかりますが、自社で出荷オペレーションを利用したいケースなどで利用している方が多い印象です。

 

ちなみにマケプレプライムのメリット・デメリットを解説した記事もあるので、あわせて参考にしてくださいね。

 

▶︎Amazonマケプレプライムとは?メリットデメリットを解説します

オリジナルの商品はページを作成して出品する

価格競争に巻き込まれないよう、オリジナル商品で1からページを作成するのもオススメです

 

オリジナル商品とはゼロから自分で開発した商品で、誰にもマネできない商品となります。オリジナル商品を販売できれば、他にライバルはいなくなります。

 

一方、誰でも手に入れることができる商品だと「相乗り出品」をされるケースがあります。相乗り出品とは、ふくすうの業者が同じ商品を販売することです。つまりライバルがたくさんおり、価格競争に巻き込まれやすいということです。

 

たとえばA社が市販で購入できるパソコンをAmazonで販売したあと、B社がまったく同じパソコンを販売したとします。その中でB社が安い値段でパソコンを販売したら、A社のパソコンはあまり売れなくなるでしょう。

 

このように相乗り出品をされてしまうと、利益も出しづらくなるはずです

 

その対策が「オリジナル商品でページを1から作る」こととなります。Amazonでは商品ごとにページが作成されます。

 

オリジナル商品の販売ページを一から作成することで差別化につながり、相乗り出品・価格競争のリスクがグッと下がります。オリジナル商品を出品するためには、大きく分けて下記の4つを行なってください。

 

  1. 大口出品へ切替(参考:Amazon公式サイト-出品形態
  2. JANコードを取得(参考:JANコード申請方法
  3. カテゴリ申請(参考:Amazon出品申請
  4. 商品画像の準備(参考:Amazon公式サイト-商品画像の準備

 

ほかにもユーザーがオリジナル商品を購入したくなるような文章を考えることも大切です。
一手間かかりますが、その分差別化ができ売り上げにも貢献する可能性があります。

カートBOX対策を行う

 

他の出品者と差別化をするために、AmazonカートBOX対策をしましょう。

 

まず「AmazonカートBOX」とは、下記の「カートに入れる」と書いてある黄色いボタンです。

 

 

(引用:Amazon公式サイト

 

Amazonの商品ページでよく見るボタンではないでしょうか?ただ、このボタンを付けることができるのは、1人(1社)のみです

 

先ほど紹介したように、Amazonでは同じ商品を複数の業者が販売は可能です。

 

しかしその中で「カートに入れる」ボタンがつくのは、一つだけとなります。たとえばA・B・C会社が同じモデルのパソコンを販売しても、「カートに入れる」ボタンがつくのはその内の一社のみです。

 

ちなみにAmazonカートBOXがついた状態を「カートBOXを取得」と言います。

 

ボタンがつかなかった出品者は、他の出品者として下層ページにまとめられます。下層ページにまとめられると、ユーザーの購買率は下がる原因にもなるでしょう

 

そのためカートBOXを取得することは、とても大事です。
カートBOXを取得するためとくに大事だと言われるのが、下記の通りとなります。

 

  • 配送スピード
  • 販売価格
  • 在庫状況

 

配送スピードについては、FBA出荷を利用しましょう。
販売価格は最安値付近にしておくことが大切です。

 

ただ「最安値ではない」=「カートBOXの取得はできない」ではありません
送料とのバランスを考えつつ、販売価格の設定をしましょう。

 

また、在庫状況も大事です。在庫切れにならないよう、常に在庫がある状態をキープしましょう。

最安値/割引商品を出品する

ユーザーに比較されても購入してもらえるように、最安値の割引商品を出品しましょう

 

オリジナルではない商品を出品する場合、ほかにも出品者がいるケースがあります。その場合ユーザーは「安さ」で比較して、購入の基準とすることが多いはずです。

同じ商品がA社とB社から販売されていて、B社が安ければそちらから購入するはずです。

 

Amazonの商品ページを見ると、値段に線がひかれ「10%OFF」など割引されている商品がたくさんありますよね。

 

このように割引されており、最安値であればユーザーの目も引きます。
結果的に、ユーザーの購買率を上げることにもつながるでしょう。

覚えやすい店舗名に変更する

意外と大事なのが店舗名です。
店舗名をつけるポイントは「分かりやすく覚えやすい」ことです。

 

たとえばユーザーがスマホケースを買いたいとき「スマホケース専門店そばに」と「携帯電話アクセサリー店」ならば、前者の方が分かりやすいですよね。

 

また覚えやすい店舗名にすることで、リピート率アップにもつながります。たとえば伊藤園から販売されている「お〜いお茶」ですが、もともとは「缶入り煎茶」でした。しかし「お〜いお茶」へ名前を変えたことで、売り上げは6倍アップしています。

 

このように名前をシンプルに覚えやすくすることで、売り上げが大きく跳ね上がるケースもあります。
そのためわかりやすい店舗名を検討するようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
今回はAmazonで初めて商品を出品する方に向けて、やるべきことを紹介しました。ぜひ、参考にしてくださいね。

 

ただ「Amazonで商品を販売するのが初めてで、どうすればいいのか分からない…」「ユーザーに響く商品ページがなかなか作れない」と悩んでいる方も多いかと思います。

 

そんなときは「株式会社そばに」へお任せください!
Amazon販売のプロが多数在籍している「株式会社そばに」では、下記のサービスを提供しています。

 

  • Amazonの運用代行
  • 商品カタログ画像作成代行
  • 商品ページ作成代行
  • 広告運用代行

また、コンサルティングサービスや越境ECの支援もおこなっており、多くの企業様が「そばに」を利用し売上を拡大しています。

 

Amazonで商品を販売するときは、ぜひ私たちにお任せください。

◆お電話・WEBからのお問い合わせはこちら

Amazon専門の運用スペシャリストによる売上UPをご希望の企業様はお気軽にご相談ください。
コンサルティング・運用代行・広告運用のサービスや事例に関する質問/相談はこちら↓

※設定や手続きなどのご不明点はこちらからテクニカルサポートにお問い合わせください。
 ※お電話からのお問い合わせは初めに一次受付にてご対応となります。

監修者紹介

若月 菫

取締役

株式会社 そばに 取締役。
東京都板橋区出身。学生起業でAmazonから越境ECに渡り多角的なモールで自社商品を取り扱い、Amazonのみの売上は1.6億円。
販売事業者として実績を積んだ知識を基にECコンサルティングへと参入。
主にフロントコンサル業務を担当。もともと広告代理店に3年程従事し、化粧品や健康食品系を主とした広告戦略の立案から作成までの知見を活かし、Amazon広告以外にも、Youtuber施策・インフルエンサーマーケティングなどの知識も含めての販売戦略のノウハウで支援を行う。

人気記事

What is Sobani

Amazon通販支援数が
600社以上という圧倒的な
実績経験があります。

オリジナル商品の販売に特化
しており、特定マーケットで
シェアNO.1を多数創出しています。

自社でECのシステム開発を行うベンダーでもあり
より戦略的なコンサルティングが可能です。

アマゾン ジャパン合同会社様
共同セミナーを開催しています。

Amazonコンサルティング
専門企業
でECコンサルタントは、
現役or元Amazonセラーで
構成された実力派集団です。

Recommend関連記事

2022年9月13日

Amazon 出品

【許可がおりない!】Amazon出品許可申請の完全版!やり方から注意点まで解説!

「出品許可申請って一体何?」「どこから申請を行えばいいの?」 出品許可申請について、こんな悩みを持っている人も多いかと思います。   こんにちは、Amazon専門コンサルティングカンパ……

2022年8月14日

Amazon 出品

【セラー向け】Amazonの代引き設定の方法やメリデメまで徹底解説!

Amazonでお買い物をすると、さまざまな支払い方法があります。 「代引き」もその一つ。 代引きを利用してお買い物をしたい方も一定数おり、出品者が「代引き設定」をすることで新規顧客獲得など……

2023年5月16日

Amazon 出品

【2023年最新版】Amazon出品制限とは?確認方法から解除方法まで徹底解説!

「Amazonで出品制限にかかったんだけどどうしよう...」 「出品制限の解除方法が分からない...」 こんなお悩みを抱えていませんか? こんにちは!Amazon専門コンサルティングカンパニー「……