Amazonブランド分析とは?利用条件や機能・活用法について解説!

ブランド登録

    「Amazonブランド分析って一体何?」
    「Amazonブランド分析ではどんなことができるの?」

    こんな疑問を抱いていませんか?

     

    こんにちは!Amazon専門コンサルティングカンパニー「株式会社そばに」コラム編集部です!

     

    「売上が伸びない理由が分からない…」「どんな対策を取れば良いのか分からない…」こんな状況にある方に重宝するのが、Amazonブランド分析(Brand Analytics)です。

    Amazonブランド分析では、自社商品に関するデータを確認できるだけでなく、競合商品のデータもチェック・比較できます。

    自社商品の売り上げを伸ばしたい方や効果的な戦略を立てたい方は、ぜひこちらの記事でブランド分析の概要活用法をマスターしていきましょう!

     

    なお我々そばには、これまでに600社以上のコンサル実績があり、アマゾンジャパン合同会社様との共同セミナーを複数開催しております。

    これまで培ってきた知見と経験をもとに売上アップに繋がる情報をお伝えしていきますので、ぜひ最後までご覧ください!

    Amazonブランド分析とは?

    Amazonブランド分析とは?

    Amazonで売上を伸ばすためには、自社商品の状況把握や競合商品の分析を行い、効果的な戦略を立案することが重要です。

    特に膨大な数の商品が出品されているAmazonでは、ただ商品登録しただけでは多くの商品に埋もれてしまいます

    そんなリスクを回避するために有効なツールが『Amazonブランド分析』です。

    実はAmazonでは、マーケットプレイス内の競争環境を促進させるために、ブランド登録者向けに情報開示を行っています。

    Amazonブランド分析では、そんなAmazonが提供する公式の情報を元に、自社商品や競合商品の分析を行うことが可能です。

    また、このAmazonブランド分析は他のECサイトでも通ずるのが大きなポイントでもあります。

    Amazonは現在、世界的な市場を獲得しているECサイトです。
    そんなAmazonで習得した戦略は、その他ECサイトでの対策にも役立ちます。

      Amazonブランド分析を利用するための条件

      Amazonブランド分析を利用するための条件

      Amazonブランド分析は、全ての方が利用できる訳ではありません

      では、利用するためには、どんな条件を満たす必要があるのでしょうか?

      それは、以下の2つの条件です。

      1. セラーアカウントの登録
      2. ブランド登録

      これらの条件を満たしたアカウントのみ利用できます。

      セラーアカウントは、出品者なら必ず登録しているかと思いますが、ブランド登録は出品者によって様々ではないでしょうか。

      もしまだブランド登録がお済みでない方は、条件や登録手順を確認し、早速登録を行なっていきましょう。

      ブランド登録の手順注意点については、以下のホワイトペーパーに詳しく記載していますので、ご確認いただきながら一緒に実行してみてください。

      Amazonブランド分析へのアクセス手順!

      手順

      セラーアカウントの登録とブランド登録がお済みの場合は、Amazonブランド分析へアクセスしましょう!

      Amazonブランド分析のダッシュボードへは、以下の手順で移動できます。

      【手順】セラーセントラルTOP>ブランド>ブランド分析

      ⚫︎セラーセントラルTOP>ブランド>ブランド分析

      Amazonブランド分析で活用できる5つの機能をご紹介!

      Amazonブランド分析で活用できる5つの機能をご紹介!

      Amazonブランド分析では、以下のデータや機能を閲覧・利用することが可能です。

      • 検索カタログパフォーマンス
      • 検索クエリのパフォーマンス
      • リピート購入行動
      • 上位の検索用語
      • ストアバスケット分析

      これらの機能は、Amazonブランド分析ダッシュボード上部のタブに表示されています。

      では、一つ一つの機能について見ていきましょう!

      検索カタログパフォーマンス

      検索カタログパフォーマンス」タブでは、検索から商品ページに流入したユーザーの購買行動について調べることが可能です。

      具体的には、以下の情報をチェックできます。

      • インプレッション
      • 価格(中央値)
      • クリック数
      • クリック率(CTR)
      • カートへの追加
      • 購入
      • 検索トラフィック販売
      • コンバージョン率

      例えば、「カートへの追加」と「購入」を確認してみましょう。
      この2つを確認すると、興味を持ったけど購入まで至らなかったユーザー数を把握できます。

      この場合、なぜ購入に至らなかったのかを分析し、

      • 商品ページのリニューアル
      • 価格の調整
      • セット販売を試みる

      など、興味を持ったユーザーに対する対策を練ることができるようになります。

      検索クエリのパフォーマンス

      検索クエリのパフォーマンス」タブでは、ユーザーの購買行動を検索キーワードごとに分析できます。

      実際に売上が発生しているキーワードもチェックできるので、キーワード対策を行うためにとても便利な機能です。

      この項目では、

      • インプレッション数
      • クリック数
      • カートに追加された数

      この3つの指標を元に、クエリのスコア検索クエリのボリューム合計数ブランド件数ブランドシェア(%)などの数値を確認できます。

      ターゲットとして設定しているキーワードにおける自社ブランドのシェア率も可視化できるので、現状把握にも役立ちます。

       

      では、どのように活用することができるでしょうか?

        例えば、キーワードごとの「クリック数」と「カートへの追加数」の指標にフォーカスしてみましょう。
        2つの数値を比較した結果、「クリック数は多いのに、カートへの追加数が少ない」キーワードが存在することが判明したとします。

        この場合、対策として以下のことが行えるでしょう。

        • キーワードに対するユーザーニーズの再調査
        • キーワードの見直し
        • テキストコンテンツや商品画像の見直し

        このように、「検索クエリのパフォーマンス」データを確認することで、検索結果から自社商品に辿り着いたユーザーの取りこぼしを抑えることに繋げられます。

        リピート購入行動

        リピート購入行動」タブでは、新規購入者数やリピート購入者数について確認できます。

        ここでは、以下の指標を元に分析することが可能です。

        • リピート注文商品の販売による売上額
        • 注文されたユニット数
        • リピートカスタマー数

        リピート購入行動の数値は、顧客満足度を評価したり、リピート購入を促進することに役立てられます。

        上位の検索用語

        上位の検索用語」タブでは、上位の検索キーワードと、キーワード毎の上位商品の購買データを確認できます。

        抽出するレポート範囲は、日/週/月/四半期の4種類から選べます。

        具体的には、

        • Amazon全体における検索頻度の高いキーワードのランキング
        • 特定の検索キーワードで1位〜3位に表示される商品のコンバージョン率

        について知ることが可能です。

        ちなみに、商品は自社商品のみだけでなく競合商品も表示されるので、競合商品との比較も行えます。

         

        では、どのように活用できるのでしょうか?

        「上位の検索用語」タブの活用例の一つとしては、Amazon内における商品の需要をチェックすることです。

        例えば、商品に設定したキーワードのランキングが上昇傾向にあれば、それだけAmazon内での需要が高まったことを示し、売上アップに繋がる可能性があります。

        一方で、検索頻度が下がればその分商品が表示される頻度が落ちてしまうため、売上ダウンのリスクが高まります。

        また、広告出稿を考えている場合は、ターゲットとするキーワードを検討するのにも役立つでしょう。

        ただし、検索頻度ランキングは、相対的な指標であるため固執しすぎないように注意してください。

        どういうことかというと、キーワードの需要とは関係なく順位が変動する場合があるということです。

        例えば、他のキーワードが上下することによってランキングが押し上げられたり、押し下げられたりする場合があります。

        あくまで指標の一つとしてご活用するようにしましょう。

        ストアバスケット分析

        ストアバスケット分析」タブでは、自社商品と同時購入されている商品を確認することが可能です。

        数値としては、同時購入されている上位3商品と、それぞれのASINの同時購入率が表示されます。

        このデータを確認することで、仮想バンドルによる売上機会の獲得新商品開発に役立てられます。

        売上が伸び悩んでいるなら要チェック!売上アップのためのチェックリスト!

        売上が伸び悩んでいるなら要チェック!売上アップのためのチェックリスト!

        ブランド分析を行うことで、Amazonに出品している商品の現状を把握し、新たな売上機会の獲得に繋げることが可能です。

        しかし、ブランド分析には様々な項目があり、ハードルが高いと感じるかもしれません。

        また、分析のために多くの時間を割くことが難しいため、手っ取り早く改善策を導き出したいという場合もあるかもしれません。

        もしそのようなご状況でしたら、以下のホワイトペーパーがおすすめです。

        こちらは、そばにが独自に提供している情報で、売上を伸ばすために必要な30の項目をご紹介しています。

        「ブランド分析に時間を割けない…」
        「まずは、手軽に改善策を見つけたい!」

        このようにお考えでしたら、ぜひチェックしてみてください。

        Amazonに対するノウハウや経験がないなら「運用代行」が効果的です!

        Amazonに対するノウハウや経験がないなら「運用代行」が効果的です!

        Amazonブランド分析は、商品の状況を把握し効果的な戦略を立てるのにとても役立つツールです。

        しかし効果的に活用するためには、Amazon販売に関するノウハウや経験、マーケティングの知識が必要となります。

        そのため、ブランド分析を活用しきれずに悩まれている方や、苦手意識があり二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。

        もしAmazon販売に関するノウハウや経験が少ないという方は、『アカウント運用代行』を利用するのが効果的です。

        アカウント運用代行ならプロが分析と検証を元に自社商品に適した戦略を立て、商品ページの作成や広告運用・SEO対策・セール施策などを行ってくれます。

        また、Amazon販売にかかる社内リソースを抑えられるため、本来注力すべき業務に社内リソースを集中させることもできるようになります。

        「ベストセラー」「Amazon おすすめ」獲得実績あり!そばにの運用代行

        検索結果で上位表示を獲得し、持続的な売上を実現したいならそばにのアカウント運用代行がおすすめです。

        そばにでは、SEO対策を行うだけでなく、広告運用やレビュー施策などその他の施策と相乗効果を生み出し、検索上位獲得かつ売上獲得を実現しています。

        以下が、弊社が提供するアカウント運用代行メニューです。
        ぜひ一度ご確認ください。

        そばにでは、分析と検証を行った上で上記のメニューを組み合わせ、商品に適した戦略をご提案しています。

        その結果、検索結果1位の獲得はもちろんのこと、「ベストセラー」や「Amazon おすすめ」ラベルの獲得も実現しています。

        Amazon検索1位/ベストセラー獲得

        (引用:Amazon

        クライアント様の商品の品質が素晴らしいことが一番の要因ではありますが、弊社が所有する独自ノウハウを駆使することで、さらなる売上アップを支援しています。

        実績

        では、売上としては具体的にどの程度の伸び率が見込まれるのでしょうか?

        「本当に売上アップに繋がるの?」
        「どの程度の伸び率が見込めるの?」

        と不安に思われるかもしれませんので、弊社のクライアント様の事例をご紹介いたします。

        食品を取り扱うクライアント様では、約88万円/月ほどだった売上を1年後に約189万円/月まで拡大することに成功しました。

        行った施策としては、

        • SEO最適化
        • 画像最適化
        • 広告運用最適化
        • レビュー施策
        • セール対策

        などです。

          このように複数の施策を組み合わせ相乗効果を生み出すことができれば、1年という短い期間でも大幅な売上アップを図ることは十分に可能です。

          「最短最速で売上を伸ばしたい!」
          「知識や経験がないためサポートしてほしい!」

          もしこのようにお悩みでしたら、ぜひ一度そばににお問い合わせください。

          現在そばにでは、Amazon販売に関する無料相談を承っております。

          ◆お電話・WEBからのお問い合わせはこちら

          Amazon専門の運用スペシャリストによる売上UPをご希望の企業様はお気軽にご相談ください。
          コンサルティング・運用代行・広告運用のサービスや事例に関する質問/相談はこちら↓

          ※設定や手続きなどのご不明点はこちらからテクニカルサポートにお問い合わせください。
           ※お電話からのお問い合わせは初めに一次受付にてご対応となります。

          まとめ

          まとめ

            いかがだったでしょうか。

            この記事では、Amazonブランド分析利用条件機能活用方法などについて説明しました。

            Amazonブランド分析は、Amazonが提供する公式のデータを元に商品分析を行える非常に便利なツールです。

            また、ブランド登録を行った出品者のみが利用できるツールですので、利用するだけで他者との差別化を図れます。

            Amazonブランド分析を活用したいと思われている方は、ぜひこちらの記事でアクセス方法や活用方法をチェックしてからご利用ください。

             

            なおそばにでは、LINE公式アカウントにてAmazon販売戦略ノウハウについて発信しています。

            「Amazonビジネスに対する知識を深めたい!」
            「売上を伸ばす方法を知りたい!」

            とお考えでしたらきっとお役に立てるはずです。

            手軽に情報を受け取れますので、ぜひ下記ボタンより友だち追加してください!

            QRコード

            監修者紹介

            若月 菫

            取締役

            株式会社 そばに 取締役。
            東京都板橋区出身。学生起業でAmazonから越境ECに渡り多角的なモールで自社商品を取り扱い、Amazonのみの売上は1.6億円。
            販売事業者として実績を積んだ知識を基にECコンサルティングへと参入。
            主にフロントコンサル業務を担当。もともと広告代理店に3年程従事し、化粧品や健康食品系を主とした広告戦略の立案から作成までの知見を活かし、Amazon広告以外にも、Youtuber施策・インフルエンサーマーケティングなどの知識も含めての販売戦略のノウハウで支援を行う。

            人気記事

            What is Sobani

            Amazon通販支援数が
            600社以上という圧倒的な
            実績経験があります。

            オリジナル商品の販売に特化
            しており、特定マーケットで
            シェアNO.1を多数創出しています。

            自社でECのシステム開発を行うベンダーでもあり
            より戦略的なコンサルティングが可能です。

            アマゾン ジャパン合同会社様
            共同セミナーを開催しています。

            Amazonコンサルティング
            専門企業
            でECコンサルタントは、
            現役or元Amazonセラーで
            構成された実力派集団です。

            Recommend関連記事

            2021年2月4日

            ブランド登録

            【2021年最新版】Amazonの仕様の変化とブランド戦略法

            2020年は緊急事態宣言があり、ステイホームやテレワークなどで生活様式もガラッと変わり、ECの売上が増加。 それと共にAmazonのサービスも変化が多い年となりました。   2021年……

            2019年2月14日

            ブランド登録

            【2022年最新】自社ブランド登録とAmazonストアの設定方法まとめ

            お世話になっております。Amazon専門コンサルティング「株式会社そばに」代表の佐藤です。 当サイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。   皆さんは、Amazonに「ブランド登録」……

            2023年6月30日

            ブランド登録

            Amazonでの権利侵害の対処法とは?自社ブランドを保護する方法を解説!

            「Amazonで権利侵害された場合の対処法を知りたい!」 「Amazonで安心・安全に出品を行いたい!」 こんな悩みを抱えていませんか?   こんにちは!Amazon専門コンサルティ……