FBAでの返品理由の確認方法を解説!補填されるケースとは?

FBA

FBAでの返品理由の確認方法を解説!補填されるケースとは?

Amazonで購入した商品は、原則30日以内ならば返品が可能です。

たとえば購入者が「やっぱりいらなくなった」といった購入者都合の理由でも、Amazonでは返品できます。

一方出品者はFBAを利用していれば、Amazonが返品商品の処理をおこないます。

そのため出品者は返品商品について、ほとんど手間がかかりません。

ただ、出品者は「返品理由」を定期的に確認することが大切です

1つ目の理由は、次の出品に生かすため。
そしてもう一つは、返品理由によって商品代金が全額補填されるケースがあるためです。

そこでこの記事では、

  • Amazonでよくある返品理由
  • 返品理由を確認する方法
  • 返品された商品の対応方法
  • 商品代金が全額補填されるケース

について見ていきましょう。

Amazonからお金が戻ってくることもあるので、ぜひ最後までチェックしてください。

Amazonでよくある返品理由とは?

(引用:amazon seller central

Amazonでよくある返品理由は上記のとおりです。

その中でも、

  • 性能や品質が良くない
  • 間違えて注文した
  • サイト上の説明と違った

の3つの理由がよく使用されている印象です。

「配達ができなかった」「間違えて注文した」「性能問題」で返品されると、出品者も対策の打ちようがありません

ただ理由が「サイト上の説明と違った」ならば、商品ページを改良する等の対策をしましょう。

それでは次章から、FBAを利用する出品者が返品理由を確認するやり方を見ていきましょう。

Amazon.co.jpが発送する商品の返品・交換条件

冒頭で軽く触れたとおり、Amazon発送商品の場合、30日以内なら「間違えて注文した」等の理由でも返品・交換をすると全額返金です。

ただ、30日を過ぎると返金額は30%に減額

さらにFBA出品の場合は「返品」のみの対応で、交換は対応していません。

セラーセントラルで返品理由を確認する方法は?

ここからは出品者の「返品理由」を確認する方法についてです。

まずは、セラーセントラルへログインするところから始まります。

次に「レポート」から「フルフィルメント」をクリックしましょう。

FBAでの返品理由の確認方法を解説!補填されるケースとは?

(引用:amazon seller central

 

その後、画面左にある「商品の返品や交換」下の「返品レポート」をクリックします。

FBAでの返品理由の確認方法を解説!補填されるケースとは?

(引用:amazon seller central

 

※似た項目で「返金レポート」もあるので間違えないようにしましょう。

 

次にレポート期間を選び、最後に「レポートの生成」ボタンをクリックして終了です。

FBAでの返品理由の確認方法を解説!補填されるケースとは?

(引用:amazon seller central

 

「レポートの生成ボタン」を押すと、商品の状態と返品理由が書いてあります

返品理由を確認することは大事です。

ただ「商品の状態」欄も要チェックです
こちらの欄にはもう一度商品を販売できるか、もしくはできないかが表示されています。

たとえば商品の状態が「破損」だと「不良品の返品商品」と表示され、不良品の場合FBA倉庫から家へ一度送付してもらう手間がかかります。

返送してもらわないと、再度出品することはできません

返品された商品への対応方法は?

FBAを利用した商品が返品された場合、商品状態によって出品者側の対応は変わります。

「注文間違い」等で未開封・不良品でない商品

「商品が開封されていない状態・不良品でない商品」ならば、出品者はとくに対応不要です

購入者がAmazonの倉庫へ商品を返送し、再度出品されます。とくに出品者側の対応はありませんが、郵送代がかかる可能性があります

販売不可商品の場合

Amazonの倉庫へ返送された商品が「販売不可」だった場合、下記2つの対応があります。

  • 所有権の放棄
  • 返送してもらう

所有権の放棄

一つ目は、出品者が所有権を放棄する方法です
所有権の放棄は、手数料がかかります。
サイズによって金額が変わるので、以下を参考にしてください。

小型・標準サイズ
重量 手数料/1商品
0〜200g 30円
201〜500g 45円
501〜1,000g 60円
1,001g〜 100円(※1)

(※1)1,000gを超えた分の1,000gにつき40円別途かかります。

大型・特大サイズ
重量 手数料/1商品
0〜500g 80円
501〜1,000g 110円
1,001g〜2,000g 140円
2,001g〜5,000g 200円
5,001g〜 350円(※2)

(※2)5,000gを超えた分の1,000gにつき別途40円

小型商品は1,000gを超えた時点、大型・特大サイズは5,000gを超えた時点で別途手数料が加算されます

たとえば小型商品(1,500g)の場合、手数料は120円(100円+20円)です。つまり1,000gを超えた部分は、別途「1g=0.04円」かかる計算になります。

ちなみに30日間販売不可の状態で放置しておくと、Amazonが自動的に所有権を破棄します

返送してもらう

もう一つは、Amazonから「返送」してもらう方法です。

高額な商品や返送してもらいたい商品は、返送依頼の手続きをしましょう。

「所有権の放棄」or「販売不可商品を自動返送」する設定のやり方

「セラーセントラル」右上にある「設定」>「FBAの設定」の順番で進みます。

するとFBAの設定ページにとびます。

次に「販売不可在庫の自動変速/所有権の放棄」横にある「編集」へ進みます。

販売不可在庫の自動変速/所有権の放棄」が「無効」となっているので「有効」に変更

「所有権の放棄、または返送」部分で「返送」or「所有権の放棄」どちらかを選びましょう。このとき希望するスケジュールを「週に1回/月に2回/月に1回」の中から選択。

最後に「メールアドレス」「住所」を入力し、「更新」をクリックしたら完了となります。

Amazonの返品理由によって代金が補填されるケースもある

Amazon側に責任があれば、商品代金は全額補填されます

たとえばAmazonの倉庫内で保管している商品がコワれた場合、出品者にお金が返ってこないとあまりにかわいそうです。

そのため、

  • Amazonフルフィルメントセンターでの作業中による破損
  • Amazonフルフィルメントセンターで30日間行方がわからない商品
  • Amazonが使用している配送業者が商品を破損・紛失

上記3つのケースではAmazon側に問題があり、商品代金の補填対象となります。

そのため購入者が「違う商品が届いた」「商品に破損があった」等の理由ならば、Amazon側に問題がある可能性が高いです

Amazon側の責任ならば、テクニカルサポートへ問い合わせましょう。主張が認められると、Amazonが代金を補填して買い取ってくれます。

全額補填の注意点!

先述のとおり、Amazon側に責任があるケースでは全額補填が一般的。

ただし、購入者が商品を破損した場合は補填の対象外です
Amazonの「FBAの購入者返品ポリシー」を見ても、下記のとおり書かれています。

 

返品ポリシーで購入者による返品不可と規定された商品に対して返金が行われた場合、返品の理由についてAmazonが責任を負うものでない限り、Amazonはその返金額を補てんしません。(引用:FBAの購入者返品ポリシー

 

ただ明らかに購入者の都合による返品の場合、補填されるケースもあります。ケースによって異なるため、ダメもとでAmazonへ連絡することも検討してください。

まとめ

AmazonのFBAは、返品対応も代行するのでとても便利です。

ただ、定期的に今回紹介した「返品レポート」をチェックするようにしましょう。

Amazon側に責任があるケースでも、自動的に処理されてしまうケースがあるためです。

とくに「違う商品が届いた」「商品に破損があった」等の理由で返品された場合は、積極的にテクニカルサポートへ連絡しましょう。

「でも実際テクニカルサポートに連絡してもできなさそう…」
そんな方はぜひ一度そばににお問合せください!

そばには600社以上のAmazon通販支援実績がありその実績が認められAmazonジャパン合同会社様とも共同セミナーを複数開催しています

確かな実績と経験を基に、貴社の売上アップに貢献します

ぜひ、下記のボタンから私たちそばにへご相談してください

◆お電話・WEBからのお問い合わせはこちら

Amazon専門の運用スペシャリストによる売上UPをご希望の企業様はお気軽にご相談ください。
コンサルティング・運用代行・広告運用のサービスや事例に関する質問/相談はこちら↓

※設定や手続きなどのご不明点はこちらからテクニカルサポートにお問い合わせください。
 ※お電話からのお問い合わせは初めに一次受付にてご対応となります。

またそばにではAmazonの出品者向けに「コラム」を多数公開しています。
あわせて参考にしてくださいね。

監修者紹介

若月 菫

取締役

株式会社 そばに 取締役。
東京都板橋区出身。学生起業でAmazonから越境ECに渡り多角的なモールで自社商品を取り扱い、Amazonのみの売上は1.6億円。
販売事業者として実績を積んだ知識を基にECコンサルティングへと参入。
主にフロントコンサル業務を担当。もともと広告代理店に3年程従事し、化粧品や健康食品系を主とした広告戦略の立案から作成までの知見を活かし、Amazon広告以外にも、Youtuber施策・インフルエンサーマーケティングなどの知識も含めての販売戦略のノウハウで支援を行う。

人気記事

What is Sobani

Amazon通販支援数が
600社以上という圧倒的な
実績経験があります。

オリジナル商品の販売に特化
しており、特定マーケットで
シェアNO.1を多数創出しています。

自社でECのシステム開発を行うベンダーでもあり
より戦略的なコンサルティングが可能です。

アマゾン ジャパン合同会社様
共同セミナーを開催しています。

Amazonコンサルティング
専門企業
でECコンサルタントは、
現役or元Amazonセラーで
構成された実力派集団です。

Recommend関連記事

2023年2月5日

FBA

【2023年版】FBA手数料はいくら?販売手数料や配送代行手数料を一覧で解説!

「FBAを利用するときにかかる手数料が知りたい」 「Amazonで商品を販売するときにかかる手数料がわからない...」 今回は上記の悩みを解決する記事です。 こんにちは!Amazon専門……

2023年4月23日

FBA

FBA納品のやり方を徹底解説!納品時や梱包時の注意点も説明します。

「FBA倉庫への納品はどうすればいいの?」 「注意点があれば知りたい!」 このような悩みを抱えていませんか。   こんにちは。Amazon専門コンサルティングカンパニー「株式会社そば……

2022年7月23日

FBA

【発送が楽に!】FBAマルチチャネルサービスとは?メリット・デメリットや注意点まで徹底解説!

「FBAマルチチャネルサービスってよくわからない...」「結局FBAマルチチャネルサービスは使った方がいいの?」 そんなお悩みを持つ方は多いと思います!   こんにちは!Amazon専……