コラム

コンサルタントコラムカテゴリ一覧

カテゴリー「 Amazonサポート」の記事を新着順に表示しています。

2022.07.01

Amazonサポート

FBAでの返品理由の確認方法を解説!補填されるケースとは?

Amazonで購入した商品は、原則30日以内ならば返品が可能です。 たとえば購入者が「やっぱりいらなくなった」といった購入者都合の理由でも、Amazonでは返品できます。 一方出品者はFBAを利用していれば、Amazonが返品商品の処理をおこないます。 そのため出品者は返品商品について、ほとんど手間がかかりません。 ただ、出品者は「返品理由」を定期的に確認することが大切です。 1つ目の理……

2022.07.01

Amazonサポート

【便利機能】Amazon配送設定の自動化について解説!

出品者にとって便利なAmazon配送設定の自動化。 購入者は届く日付がすぐにわかり、その日付はAmazonが自動計算します。 出品者は日付の計算も不要なので効率的です。 購買率にもプラスの影響を与えるケースもあり、もし設定できるなら取り入れて欲しい機能です。 そこでこの記事では、 Amazonの配送設定の自動化とは? Amazon配送設定の自動化の要件ご紹介 Amazon配……

2022.06.30

Amazonサポート

AmazonのSKUって?効果的な設定方法をコンサルが徹底解説!

Amazonで複数の商品を出品するときは、「商品管理」をする必要があります。 理由はカンタンで、商品管理をしないと正確に売上が予測できないためです。 仕入れ時期・仕入れ価格などの情報を管理できないと、月にいくら売上があったかわかりません。 また仕入先がすぐにわからないと、発注業務のタイムロスにもつながります。 効率的に事務作業をするために「Amazon出品者SKU」と呼ばれるAmazon固……

Amazonのリードタイム(出荷作業日数)は短く設定しよう!

2022.06.24

Amazonサポート

Amazonのリードタイム(出荷作業日数)は短く設定しよう!

Amazonのリードタイム(出荷作業日数)は、できる範囲で短くすることが大切です。 リードタイムを短くすることで、Amazonのユーザーは商品を買いやすくなります。 商品を買いやすくなれば、売上が増えます。 つまり出品者側にも大きなメリットがあるので、リードタイムの設定は大切です。 そこでこの記事では、 Amazonのリードタイム(出荷作業日数)とは? Amazonのリードタイ……

Amazonセラーアカウントは複数所有できる?アカウント停止のリスク

2022.06.24

Amazonサポート

Amazonセラーアカウントは複数所有できる?アカウント停止のリスク

Amazonでの売上や出品数が増え、セラーアカウントを複数持ちたいと考えている出品者もいるでしょう。 ただ、複数のセラーアカウントを保有するときは要注意です。 間違えたやり方で複数のアカウントを保有すると、最悪アカウント停止のリスクがあるためです。 アカウント停止になると、改善点をAmazonへ提出するなど手間がかかります。 さらに処置の重いアカウント閉鎖をされてしまうと、アカウントを再び……

【Amazon出品者向け】在庫切れの対策法&起こった場合の対処法を解説

2022.06.23

Amazonサポート

【Amazon出品者向け】在庫切れの対策法&起こった場合の対処法を解説

Amazonへ出品する方は「在庫切れ」を絶対に起こさないことが大切です。本文でも紹介しますが、最終的に「売上」が減ります。 売上ダウンのほかに出品者にとって3つの悪影響もあります。 そのため出品者は、在庫切れにならないよう対策が必要です。 また、在庫切れが起こるのは売上が好調になってきたときです。好調なときに在庫切れが起こると、思わぬところでつまづいてしまいます。 そこで本記事では、Ama……

Amazonテクニカルサポートの問い合わせ方法・手順まとめ

2022.05.25

Amazonサポート

【出品者向け】Amazonのテクニカルサポートへの問い合わせ方法【2022年版】

Amazonの出品者の皆さん、 商品登録エラーが解決不可 突然の出品停止処置 商品削除トラブル FBAに納品されたけど出品開始されない などに悩んだことはありませんでしょうか。 そんな時に便利なのが「Amazonテクニカルサポート」なのです。 Amazon出品者向けに、トラブルが起きた際の窓口が24時間稼働しています! トラブルが起きたら使わずにいられないAmazo……

【出品者向け】Amazonの返品対応の方法とは?【低評価にさせない】

2022.05.25

Amazonサポート

【出品者向け】Amazonの返品対応の方法とは?【低評価にさせない】

Amazonで出品していると、商品が返品されるケースもあります。 購入者(ユーザー)が商品の返品をする理由はさまざまです。   たとえ返品の理由がユーザーの自己都合であっても、出品者はしっかりと対応することが大切です。   理由はカンタンで、Amazonは「ユーザーファースト」だからです。 また、適当に対応するとユーザーから低評価を付けられてしまう可能性もあります.……